大分の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1.         
  2.       
  3. 湯布院で泉質が自慢の温泉旅館5選
湯布院で泉質が自慢の温泉旅館5選
ローカル案内役が選ぶ「推し宿」

湯布院で泉質が
自慢の温泉旅館5選

気候により湯色が変化する美肌の湯や化粧水の湯とも言われるとろみのある肌触りの湯、全国的に珍しい神秘の青湯など泉質が自慢の宿を紹介。

1美肌成分メタケイ酸は一般的な含有量の10倍以上

由布院温泉 庄屋の館

大分県>湯布院温泉
  • 源泉は無色透明 時間の経過とともに美しい青に

  • 湯上がりスイーツ!数量限定の温泉入りプリン

庄屋の温泉には胃粘膜を修復する働きがあり、売店で飲用も可能(無料)。クセがなく飲みやすいが熱いので注意!数量限定の温泉入りプリンやまんじゅう、温泉たまごの販売も。温泉に入って、飲んで、食べて、心身ともにリフレッシュ。

ローカル案内役 鎌野 智香

メタケイ酸含有量594ミリグラムは驚異的!豊富な保湿成分で、美肌効果抜群。そして多くの温泉好きを唸らせるのはコバルトブルーの湯。天然なので日によって差はあるが、透明から徐々にブルーに変わっていく湯には感動。

ローカル案内役 堺屋 真臣

このホテルの楽しみ方・基本情報
2肌にまとわりつくほど濃いトロみの湯触り

由布のお宿 ほたる<電話受付専用宿>

大分県>湯布院温泉
  • 70リットル/分の湯量でかけ流しはすごい

  • 細長い露天風呂は場所によって温度が異なる

由布院温泉は特徴ある泉質の宿が少ないが、ほたるの自家源泉は加水をしておらずトロみが抜群。PH9.7のアルカリ性単純温泉で、化粧水の湯とも呼ばれている。メタケイ酸も含まれていて保湿効果もあり、乾燥肌に悩む方はぜひ。

ローカル案内役 武田 千尋

露天風呂は湯船が細長く、湯口から遠くなるほど湯温が下がる。自分好みのポジションで入浴ができるので、湯あたりしにくい。徹底した温泉管理をホームページに開示しているだけあって、源泉かけ流しに対する情熱がすごい。

ローカル案内役 堺屋 真臣

3時間をかけその美しさを増す 神秘的な青湯

杜の湯 ゆふいん泰葉

大分県>湯布院温泉
  • トロみのある湯が全身に纏わりつき肌を蘇らせる

  • 貴重な青湯を家族風呂でも

全国的にみても希少な青湯。泰葉では透明な自家源泉を施設内のタンクにいったん貯めてかけ流しで提供。清潔な状態で、時間の経過、気象条件等により美しい青湯に変化していく。時間とともに青白く変化する湯を体感してほしい。

ローカル案内役 鎌野 智香

色味につい目がいってしまうが、湯はヌルヌルとした肌触りで肌にまとわりつくのも珍しい。浸かった瞬間はヌルッとし、その後肌がすべすべになっていくのがよくわかる。炭酸水素塩泉なので、血行が良くなり、湯上がりはポカポカに。

ローカル案内役 堺屋 真臣

このホテルの楽しみ方・基本情報
4気候や気温により色が変化する神秘的な青い湯

秘湯の宿 奥湯の郷

大分県>湯布院温泉
  • 青色の原因は大量に含む美肌成分「メタケイ酸」

  • 加水一切なしの秘密は竹の冷却装置

時間や天候などで変化する泉質はナトリウム塩化物泉。451m掘って湧き出たという温泉は、加水を一切行わず竹を利用した冷却装置で冷ましながら温度を管理。温泉の性質・効能をそのままに堪能できる。

ローカル案内役 武田 千尋

青い湯色になるのは美肌効果を持つメタケイ酸を大量に含んでいるため。ツルツルとした肌触りも心地よく保湿効果も抜群。由布院の街から車で20分程離れているので、日帰り入浴客が少ないのもうれしい。

ローカル案内役 鎌野 智香

このホテルの楽しみ方・基本情報
5無色透明から青、乳白色に変化する不思議な湯

ゆふいん温泉 御宿一禅

大分県>湯布院温泉
  • バリアフリーの部屋付露天も源泉かけ流し

  • 御影石で造られた男性専用の露天風呂

PH9.4のアルカリ性塩化物泉で、温泉の色の変化に順番がある不思議な湯。注がれた時点では透明だが、その後コバルトブルーに変化し、さらに乳白色に。気温や光の加減によっても色が変わり、藤色になることも。

ローカル案内役 堺屋 真臣

美肌効果に優れ、湯触りはとろりとしていて入浴後はお肌がすべすべに。露天風呂は決して広くはないが、しっかりと目隠し用の塀があるので安心。貸切風呂もあるので、アルカリ性のつるつるのお湯を独り占めできるのもうれしい。

ローカル案内役 武田 千尋

このホテルの楽しみ方・基本情報

この記事を見ている人におすすめホテル情報

この記事を見ている人におすすめ情報



テーマ別 ホテル選び特集

何にこだわる?

どのエリアに泊まる?

ページ先頭へ