熊本の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

たびらい 熊本

熊本ホテル予約

  1.         
  2.       
  3. 黒川周辺で露天風呂が自慢の温泉旅館5選
黒川周辺で露天風呂が自慢の温泉旅館5選
ローカル案内役が選ぶ「推し宿」

黒川周辺で露天風呂が自慢の温泉旅館5選

露天風呂巡りで知られる黒川温泉。スイッチを入れると星空が広がる露天や巨大な岩がそびえる圧巻の景観など、露天風呂が自慢の宿を紹介。

1乳緑色の湯が特徴のびょうぶ岩露天風呂

黒川荘

熊本県>黒川温泉
  • 目の前にびょうぶ岩がそびえる観音露天風呂

  • 露天の他に檜と黒ダイヤを使った内湯もある

  • 3カ所の貸切風呂からもびょうぶ岩の景観が楽しめる

  • 椿や雪景色を眺められる冬の露天風呂もおすすめ

宿泊者専用のびょうぶ岩露天と観音露天は男女日替わり。いずれも目の前にびょうぶ岩がそびえる迫力の景観が広がる。特にびょうぶ岩露天はプールのような広さを誇り、開放感たっぷり。びょうぶ岩がライトアップされる幻想的な夜の入浴もおすすめ。

九州のローカル案内役 鎌野 智香

黒川温泉では珍しい乳緑色の湯を露天や内風呂で堪能できる。宿泊者専用の2カ所の露天の他に日帰り利用も可能な2カ所の露天風呂があり、こちらでもびょうぶ岩の景観が楽しめる。露天の周辺は木々や草花が広がり、椿の花が雪景色に映える冬も人気。

九州のローカル案内役 堺屋 真臣

ツアー商品
このホテルの楽しみ方・基本情報
2奥黒川の森と渓流に囲まれた野趣あふれる露天風呂

山あいの宿 山みず木

熊本県>黒川温泉
  • 露天風呂は大人10人がゆったり入れる広さ

  • 檜と切り石の内湯からも渓谷美を堪能できる

  • 平日のみ時間限定で貸切可能になる内湯「さおと女」

  • 湯上がりは館内にある「喫茶 井野家」でリラックス

黒川温泉と言えば露天めぐりだが、数ある露天の中でも人気なのが山みず木の「幽谷の湯」と「森の湯」。周囲を森に囲まれ、真横に川が流れる野趣あふれる雰囲気で、湯に浸かるとまるで川と一体化したよう。黒川を代表する露天風呂を堪能したい。

九州のローカル案内役 堺屋 真臣

混浴だった「幽谷の湯」は現在は男性専用で、広々とした露天の中に打たせ湯もある。朝霧が幻想的な早朝の入浴もおすすめだ。女性用の「森の湯」は内湯との間に“裸の散歩道”と呼ばれる小道が。裸のまま渓流沿いを歩く開放感たっぷりの体験をぜひ。

九州のローカル案内役 武田 千尋

ツアー商品
このホテルの楽しみ方・基本情報
3阿蘇外輪山の草原と同目線で阿蘇五岳が望める露天風呂

三愛高原ホテル

熊本県>黒川温泉
  • 夕陽や星空、朝霧など時間帯によって表情を変える景観

  • 新緑や紅葉、冬は雪見風呂と季節よって変わる山の景色

  • 阿蘇五岳を一望できる展望大浴場には泡風呂も

  • 2カ所ある貸切可能な家族風呂は手足が伸ばせる広さ

館内から50メートルほど離れた場所にある露天風呂「絶景鼻の湯」。離れた場所にあるため夜は明かりがなく、満点の星空が広がる。また、夏期は朝5時30分から、夜は翌0時まで利用できるため、夕陽など時間帯によって異なる風景を楽しみたい。

九州のローカル案内役 鎌野 智香

標高920メートルの高原に位置する露天風呂の目の前に広がるのは雄大な阿蘇の大草原と阿蘇五岳。草原の中にあるため、雪見風呂など季節によって変化する山の景色が楽しめる。露天風呂の他に同じく阿蘇五岳を一望できる展望大浴場もおすすめ。

九州のローカル案内役 堺屋 真臣

ツアー商品
このホテルの楽しみ方・基本情報
4筑後川の源流部に位置する渓流沿いにある露天風呂

源流の宿 帆山亭

熊本県>黒川温泉
  • 晴れた日の夜は「星空スイッチ」で満点の星空を楽しむ

  • 一度に10人ほどがゆったり入れる広々とした露天風呂

  • 離れ客室の露天も渓谷沿いにあり寝湯付きの風呂も

  • 離れ客室「山房の湯」はテラス付きの内風呂タイプ

大露天風呂は混浴の「天狗の湯」と女性専用の「仙女の湯」があり、筑後川の源流部に位置する渓谷沿いに造られている。渓流が真横を流れる自然豊かな環境で、露天風呂に設置している「星空スイッチ」を切ると晴れた日の夜は満点の星空が広がる。

九州のローカル案内役 鎌野 智香

女性専用の「仙女の湯」ではぬるま湯と冷水風呂も用意されており、交互に入浴することでゆったり長湯できるのがうれしい。大露天風呂の他に離れの客室でも川のせせらぎを聞きながら露天風呂が楽しめる。温泉の後は館内の?み処で湯上がりの一杯を。

九州のローカル案内役 武田 千尋

5湯の色が乳白色や緑白色などに変化する珍しい露天風呂

和風旅館 美里

熊本県>黒川温泉
  • 露天風呂は5、6人が入れるこじんまりとした広さ

  • 内風呂でも露天風呂と同じ湯色が変化する硫黄泉を堪能

  • 温泉の後は会話が弾む囲炉裏の部屋で寛ぎの時間

  • 黒川の露天めぐりの最後に利用するのがおすすめ

湯色が乳白色や緑白色に変化する塩化物を多く含む硫黄泉が露天風呂で楽しめる。塩の成分を多く含むため、肌をコーティングし乾燥を防いでくれる効果があるとされ、寝る前に入浴すると良いとか。女性利用も多い美肌の湯をこの露天風呂で堪能して。

九州のローカル案内役 鎌野 智香

全12室のこじんまりとした宿で露天風呂も5.6人が入れる広さ。早朝と21時以降は宿泊者専用になり、露天の他に同じ泉質の内湯もあるのでゆっくり温泉が楽しめる。湯上がりは宿泊者同士の会話も弾む囲炉裏のある部屋でリラックスを。

九州のローカル案内役 武田 千尋

ツアー商品
「たびらいのホテル予約」と「施設の公式サイト予約」の違いについて
どちらも同じ宿泊料金です

たびらいホテルの宿泊プランは、施設の公式サイトと同じく最安値料金です。
どちらから予約しても一緒の金額です。

予約特典「あなただけの旅しおり」

たびらいのホテル予約をご利用された方には、沖縄を知り尽くしたローカル案内役が、無料で”あなたのためだけ” に観光ガイドを作成します。
もっと詳しく

たびらいのホテル予約ならホテル比較が簡単

全ての施設が同じフォーマットなので、気になるホテルも見くらべ易くて、探しやすい。
予約の流れも一緒なので、ホテルの予約がスムーズです。

ページ先頭へ