熊本の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 阿蘇で食事がおすすめの温泉旅館5選
ローカル案内役が選ぶ「推し宿」

阿蘇で食事がおすすめの温泉旅館5選

玄関を入るとオープンキッチンのある宿や、囲炉裏を囲んで郷土料理を頂ける宿、牧場を持つ宿など、阿蘇で食事がおすすめの温泉旅館を紹介。

1外からも見える造りの調理場で繊細な料理が生まれる

御料理旅館 親和苑

阿蘇
  • 客室ごとに注文を受けてから炊き上げる土鍋ごはん

  • 自家製にこだわった見た目にも美しい夕食は全て手作り

  • 親和苑の名物となってる朝食の手造りざる豆腐

  • 無添加・無農薬の安心自家栽培野菜を使用

玄関を入ると目の前には、料理宿の誇りを感じるかまどと奥に広がるオープンキッチン。朝食時にはかまど炊きご飯の香りが漂い、おいしい香りに目が覚める。手造り豆腐や料理人が作るだし巻き卵など、この味を求めて常連になる宿泊者も多い。

ローカル案内役 鎌野 智香

自家製野菜を取り込んだ懐石料理は全て手作り。関西で修業を重ねた料理長らしく、繊細な味わいで見た目にも美しい。夕食の土鍋ごはんは各部屋ごとに炊き上げており、その日の気候に合わせて微妙な水分量の調整を行い、ベストな状態で提供。

ローカル案内役 堺屋 真臣

        
2自家製野菜にあか牛など厳選素材の並ぶ創作懐石料理

湯の宿 入船

阿蘇
  • 毎朝とれたての自家農園の新鮮野菜がずらり

  • 料理に合う地酒や焼酎も豊富

  • ごはんがすすむ自家農園の野菜の漬物

  • 朝食は旅館の最後のおもてなし

可能な限り自家製の食材にこだわっており、自家農園では約50種の野菜を育てている。使用するのはその日に収穫した新鮮な野菜ばかり。お米は女将の里で作られたもので、ごはんに合うお漬物も自家農園の野菜を漬けたものが10種類以上。

ローカル案内役 堺屋 真臣

料理一品一品のクオリティが高く、例えば夕食の「酢の物」はお代わりを頼む方も多い隠れた一品。味わいはもちろん目でも楽しめるよう、器にもこだわっている。朝食、夕食ともにリニューアルした個室でゆっくり頂けるのもうれしい。

ローカル案内役 武田 千尋

        
3京都祇園で修行を積んだ料理長の技が光る

はなれの宿 千の森

阿蘇
  • 地元食材にこだわった創作懐石は見た目にも美しい

  • オーナーの息子さんが阿蘇の豊かな水で育てたお米

  • 静寂の森の中に佇む古民家風の母屋食事処

  • 緑に囲まれ落ち着いた空間で食事を楽しめる

食事は夕食・朝食ともに森と川を望める雰囲気たっぷりの「いちの川」で用意。ランチやお祝いごとの席で食事のみで利用される方も多い。夜と朝は宿泊者のためだけの贅沢な空間となり、手間暇かけて丁寧に作られた料理をじっくり味わいたい。

ローカル案内役 鎌野 智香

料理は一品一品配膳され、出来立てを頂ける。上品な料理の数々は盛り付けも美しく、繊細な京都祇園で修業を積んだ料理長の技が光る。お米や野菜のほとんどはオーナーの息子さんが育てたもの。阿蘇の自然の恵みをたっぷり味わって。

ローカル案内役 武田 千尋

        
4ホッと落ち着く囲炉裏を囲んで阿蘇の郷土料理を頂ける

阿蘇乃やまぼうし

阿蘇
  • 囲炉裏で焼いたやまめの塩焼きは身がホクホク

  • 広々とした懐かしさ漂う囲炉裏のある食事処

  • 朝から十数種類の手造り田舎料理が並ぶ

  • 合鴨が雑草や害虫を食べてくれる合鴨農法

夕食は囲炉裏を囲んで、阿蘇のあか牛や田楽、だご汁など、熊本の郷土料理を頂ける。季節によっては山女魚の塩焼きもあり。田楽味噌や肉のタレは全て手作りで秘伝の味。竹の香りが楽しめる「かっぽ酒」で心地よい夜を楽しんでほしい。

ローカル案内役 堺屋 真臣

釜で炊き上げた自家製合鴨米は甘くて地元のお母さん手作りの漬物との相性も抜群。お米は宿の敷地内で作られており、シーズンになると田んぼで合鴨たちの姿が見られる。このお米を使った自家製どぶろくも人気で、通信販売も行っている。

ローカル案内役 鎌野 智香

このホテルの楽しみ方・基本情報
        
5安心安全の自家牧場産のお肉をふんだんに使用

ホテルグリーンピア南阿蘇

阿蘇
  • 肉本来の旨味を閉じ込める溶岩焼き

  • 副菜バイキングだけでもお腹いっぱいになりそうな品数

  • お子様に人気のソフトクリームも食べ放題

  • 木の温もりが感じられる欧風レストラン

阿蘇の精肉店「肉のオオツカ」が営むホテルで、自家牧場で丹精込めて育てた和牛の中から上質なものだけを厳選して提供。ステーキや溶岩焼き、すき焼き、しゃぶしゃぶで頂ける。冬季限定のすき焼きはとろけるおいしさ。

ローカル案内役 鎌野 智香

基本コースに副菜バイキングが付いており、自家製ハムやベーコン、ジャージーヨーグルト、ソフトクリームも食べ放題。食事処の椅子や机は海外から仕入れたものでゆったりした造り。阿蘇の自然を望みながらゆっくり食事を楽しめる。

ローカル案内役 武田 千尋

このホテルの楽しみ方・基本情報
        

この記事を見ている人におすすめホテル情報

この記事を見ている人におすすめ情報



テーマ別 ホテル選び特集

何にこだわる?

どのエリアに泊まる?