【指宿・南薩】のホテル・温泉宿 指宿の温泉、まち歩き情報満載!の記事イメージ

【指宿・南薩】の人気ホテル、温泉宿はココ!
ランキング&おすすめ観光スポット

たびらいのローカル案内役が指宿・南薩のホテルを厳選!
満足度が高い施設ランキングや、目的別の「推し宿」特集、特典付きのお得な宿や楽しみ方ガイド付きのおすすめ宿などを紹介します。
周辺観光スポットも紹介しているので、これを見れば観光コースもすぐ決まる!

指宿のホテルランキング

1st海に浮かぶ「天空野天風呂」と湯煙り昇る「温泉卓」が魅力の宿

花の温泉ホテル 吟松

眼下に一面の海が広がる、9階にある絶景の天空野天風呂が自慢。青い海を望む昼間、オレンジに染まる夕暮れ、満天の星を望む夜と、時間帯によって変わる景色を楽しんでください。源泉が流れ込む「温泉卓」では、湯煙が昇る中で料理長自慢の会席料理を頂けますよ。

ローカル案内役 中尾 正俊

  • 住所鹿児島県指宿市湯の浜5-26-29
  • アクセス指宿駅より車で約4分
  • 駐車場有り(50台/無料)
2nd錦江湾の目の前に立つ温泉リゾートホテル

休暇村 指宿

錦江湾を一望できる貸切風呂をはじめ、砂むし風呂、足腰が悪い方でも安心の畳が敷き詰められた大浴場など、バリエーションに富んだ湯処を完備。夕食は会席料理+ハーフバイキング。揚げたての天ぷらや、種類豊富な小鉢など、自分の好きな分だけ頂けるのがうれしいですね。

ローカル案内役 会田 可奈

  • 住所鹿児島県指宿市東方10445
  • アクセス指宿スカイライン谷山ICより車で約1時間
  • 駐車場有り(100台/無料)
3rdオーシャンビューの客室と絶景露天のスパリゾートホテル

指宿温泉 指宿ロイヤルホテル

潮風に吹かれてヤシの木やバナナの木が揺れ、白を基調とした館内の色使いに、リゾート気分も高まります。ロビーや客室から錦江湾を一望。メタケイ酸を多く含む「美人の湯」は、入浴後すぐに肌がツルツルに。青い海が一望できる露天風呂で堪能してください。

ローカル案内役 堺屋 真臣

  • 住所鹿児島県指宿市十二町4232-1
  • アクセス指宿駅より車で約5分
  • 駐車場有り(50台/無料)
4rd館内に居ながら湯巡りを楽しめる宿

指宿温泉 指宿白水館

1000坪の大浴場「元禄風呂」では、壁にユニークな絵が描かれた浴槽など、豊富な種類の浴槽を完備。露天風呂や砂むし、岩盤浴もあり、湯巡りを楽しめます。夕食は、会席・イタリアン・洋食からチョイス。鹿児島産の焼酎の飲み比べもおすすめです。

ローカル案内役 武田 千尋

  • 住所鹿児島県指宿市十二町4232-1
  • アクセス指宿駅より車で約7分
  • 駐車場有り(200台/無料)
5th緑あふれる103万坪の壮大な敷地に設けられたホテル

指宿ベイヒルズ HOTEL&SPA

標高330メートルに佇み、錦江湾と指宿の街並みが一望できます。ビニールハウスで丁寧に育て上げた新鮮な自家野菜を使用したフレンチレストランで、多彩なメニューに舌鼓。貸切風呂やセラミック・スパ、岩盤浴などリラクゼーション施設も充実しています。

ローカル案内役 荷川取 裕樹

  • 住所鹿児島県指宿市東方5000
  • アクセス指宿駅より車で約15分
  • 駐車場有り(150台/無料)

ローカル案内役が厳選した「推し宿」を紹介!指宿の宿を目的別に探す

憧れの宿やお得な宿など、様々な視点で紹介宿をこだわりで選ぶ

大事な人と泊まりたい宿を紹介宿を誰と行くかで選ぶ

  

指宿市内のホテル13選

        

自然に囲まれ、温泉が楽しめる指宿の観光スポット

指宿を知る

指宿ってどんなところ?

鹿児島県内有数の観光地・指宿。その名の由来は、昔から湯治場として有名であったため「湯豊宿(ゆぶすく)」が転じてついたなど諸説あります。高温の温泉や噴気口が無数に点在することから、麻の加熱処理や生活のための炊事・浴用としての利用は昔から行われており、江戸時代後期の地誌『三国名勝図会』にも多くの温泉が紹介されています。名物の砂蒸しは海外からも評価が高く、「東洋のハワイ」とも呼ばれ、現在でも沢山の観光客が訪れる鹿児島の観光名所として高い知名度を誇っています。

西大山駅

西大山駅
開聞岳をのぞむ絶景スポット

JR日本最南端の駅「西大山駅」。薩摩富士の異名をとる開聞岳とあいまってその景観にはファンも多く、レトロな駅が郷愁を誘います。近くにある観光スポット「伏目海岸」も有名で、崖の上からは「温泉の滝」が流れ落ちています。この地域の地下およそ1000~1800メートルには、230度を越す熱水が存在しており、この熱源が地熱に影響していると言われます。

今和泉島津家別邸跡

今和泉島津家別邸跡
大河ドラマの舞台にもなった青松白砂の景勝地

天璋院篤姫の生家である今和泉島津家の領地跡。石垣や町割、隼人松原と呼ばれるきれいに整備された松林、今和泉島津家歴代当主の墓など、当時の歴史に思いを馳せることができます。 松林を眺めながら道を進むと、その先には篤姫の幼少期をかたどった像「於一像」が、錦江湾と桜島を背景に静かに建っています。篤姫は鹿児島市大竜町にて生まれ育ち、江戸に嫁ぐ前までは今和泉島津家にも墓参りなどで来ていたと言われています。

池田湖

池田湖
西側の湖畔は花畑越しに開聞岳を望むビュースポット

イッシーが棲むといわれている池田湖は、火山活動によって誕生した九州最大の円形カルデラ湖です。湖底には直径約800メートル、高さ約150メートルの湖底火山があり、湖の西側は花畑越しに開聞岳を望める絶景スポットとなっています。1月には菜の花が満開となり、「菜の花マラソン」をはじめジョギングやサイクリングのコースとしても人気で、多くの人が訪れます。

魚見岳

魚見岳
干潮時には知林ヶ島までの道が出現するのも見える

かつて漁師が、山頂から錦江湾の魚群を見つけて漁に出たといわれることから名づけられた「魚見岳」。大潮・中潮の干潮時には、指宿市街地から知林ヶ島までつづく砂州の道が出現するのを見ることができます。晴天時には開聞岳、遠くは桜島まで望むことができ眺望は抜群。花見の名所としても有名で、春には約600本のソメイヨシノが咲き誇ります。

知林ヶ島

知林ヶ島
ロマンチックな砂の道はデートにもおすすめ

錦江湾にうかぶ無人島「知林ヶ島」。3月から10月の大潮又は中潮の干潮時には、およそ800メートルの砂の道「ちりりんロード」を歩いて渡ることが可能です。陸と繋がる島であることから縁結びの島とも言われ、周遊道路や展望台の他、チリンズハートやチリンズベルなどの観光スポットもあります。砂州がつながっていない時の渡島は危険なので、あらかじめ渡島日時を調べて出かけましょう。

温泉の特徴

泉源は約500カ所、一日あたりの総湧出量は約12万トンを誇ります。湧出温度は50~60度が大半ですが高いところは100度に達するものもあり、活火山の息吹を強く感じることができます。温泉の水源は池田湖や鰻池に溜まった雨水と、鹿児島湾からの海水がろ過され地下で混ざったもので、熱源は阿多カルデラに関連したマグマであるとされます。

泉質

温泉はおおむね塩化物泉が中心で、掘削場所などにより塩分濃度等が異なります。温泉が地下を通って摺ヶ浜(すりがはま)海岸に流れ出し、干潮時に海水が引くと温められた砂だけが残るためにできるという、指宿温泉が誇る日本唯一の天然砂むしがあります。

塩化温泉

ナトリウムは皮膚に膜を作るので、保湿&保温効果があり、湯冷めしにくい。
※飲泉許可のある温泉でも、高血圧や塩分摂取制限のある人は飲用を避けましょう。

この泉質を有する主な宿はこちら

指宿ロイヤルホテル


指宿・南薩周辺のおすすめエリア

今、この宿、見られてます

あわせて読みたい!



テーマ別 ホテル選び特集

何にこだわる?

どのエリアに泊まる?