奄美大島で楽しむ 宿、温泉、グルメと町歩きの記事イメージ

【奄美大島】の人気ホテルはココ!
ランキング&おすすめ観光スポット

ローカル案内役が奄美大島のホテルを厳選!
最安値で泊まれる宿、目的別の「推し宿」特集、満足度が高い施設ランキングなどで紹介します。
周辺観光スポットも紹介しているので、これを見れば観光コースもすぐ決まる!

   

更新:2018年08月17日

 

奄美大島のホテルランキング

1st屋仁川通りの入り口に位置するホテル。ロングステイにもぴったり

ホテルニュー奄美

ホテルニュー奄美

奄美一の繁華街「屋仁川通り」の入り口に面していて、奄美観光の拠点に最適。大浴場にはサウナも併設、女性は数種類の中からシャンプーやリンスが選べるサービスも。朝食では鶏ガラを数時間も煮込んだ旨味たっぷりのダシを使った鶏飯など、奄美の郷土料理を堪能できます。

ローカル案内役 荷川取 裕樹

  • 住所鹿児島県奄美市名瀬入舟町9-2
  • アクセス奄美空港からバスで約55分。名瀬港から車で約10分
  • 駐車場無料(70台)
2nd敷地内にバス発着所あり。観光・ビジネスの拠点にも便利なホテル

ホテルウエストコート奄美

ホテルウエストコート奄美

奄美の郷土料理「鶏飯」や、厨房で焼いた出来たてホヤホヤのパンなど、豪華な朝食バイキングが好評。バス発着所がホテル敷地内にあり、アクセス抜群。奄美一の繁華街や、コンビニ、スーパーも徒歩圏内で、一度利用するとリピーターになる宿泊客が多いのも納得です。奄美の郷土料理「鶏飯」や、厨房で焼いた出来たてホヤホヤのパンなど、豪華な朝食バイキングが好評。バス発着所がホテル敷地内にあり、アクセス抜群。奄美一の繁華街や、コンビニ、スーパーも徒歩圏内で、一度利用するとリピーターになる宿泊客が多いのも納得です。

武田 千尋

  • 住所鹿児島県奄美市名瀬入舟町9-1
  • アクセス奄美空港からバスで約50分。名瀬港から車で約5分。
  • 駐車場有料(1泊500円)
3rd奄美大島は倉崎海岸まで徒歩2分!お部屋は全室オーシャンビュー

プチリゾート ネイティブシー奄美

プチリゾート ネイティブシー奄美

全館全室オーシャンビューで奄美の透明度抜群な海を一望!穴場のビーチまで徒歩2分で、客室から水着のまま海へ行けます。ダイビングやシュノーケルなどのマリンアクティビティも充実。無農薬野菜を使用した、シェフ自慢の料理は宿泊者のみならず地元の方にも大人気。

中尾 正俊

  • 住所鹿児島県大島郡龍郷町芦徳835
  • アクセス奄美空港より送迎バス、路線バス、レンタカー、タクシー20分
  • 駐車場無料(60台)
4rd2018年5月グランドオープン。名瀬市中心街に位置するビジネスホテル

ホテルウエストコート奄美Ⅱ

ホテルウエストコート奄美Ⅱ

郷土料理を味わえる朝食レストランや、長期滞在の際に便利なコインランドリーなどの施設も充実。宿泊者のみ利用可能なサウナ付き大浴場があり、男性は檜の香り漂う「遠赤外線サウナ」、女性は保温効果のある「ミストサウナ」を完備。サウナ後は、水風呂で汗をさっぱりと洗い流して。

ローカル案内役 会田 可奈

  • 住所鹿児島県奄美市名瀬入舟町8-8
  • アクセス奄美空港からバスで約50分。名瀬港から車で約5分。
  • 駐車場有り
5th釣り好きにも人気!潮風とオーシャンビューが楽しめるホテル

ホテルビッグマリン奄美

ホテルビッグマリン奄美

海沿いのホテルで奄美大島の潮風に癒されます。VIPルームのベランダからは、奄美の海が一望。元々は釣具店だったこともあり、館内には釣り道具も豊富。釣った魚はレストランで調理してもらうことも可能です。郷土料理の鶏飯など、オリンピック選手も絶賛したヘルシーな朝食は必食!

ローカル案内役 堺屋 真臣

  • 住所鹿児島県奄美市名瀬長浜町27-1
  • アクセス奄美空港からバスで約50分、名瀬地区バスセンター・名瀬新港への無料送迎あり
  • 駐車場無料(30台)

ローカル案内役が厳選した「推し宿」を紹介!奄美大島の宿を目的別に探す

大自然と島文化を堪能奄美大島の観光スポット

奄美大島を知る

奄美大島ってどんなところ?

鹿児島県本土から南西に下った洋上に位置し、東洋のガラパゴスとも呼ばれる奄美大島。日本で3番目に大きな島で、金作原(きんさくばる)原生林のジャングルや、国指定天然記念物のマングローブ、特別天然記念物のアマミノクロウサギなど、ほかの地域にはない大自然が魅力です。またサトウキビを原料にした黒糖焼酎や郷土料理などの食、島唄など、独自の文化が今もなお残っています。

ハートロック

ハートロック
奄美に来たらここで撮影!フォトジェニックスポット

龍郷町赤尾木集落の東側の海岸にある、フォトジェニックな写真が撮れると話題の「ハートロック」。ハート形をした潮溜まりのことで、隠れパワースポットとして今注目されています。県道82号を名瀬方面に100メートル、三つ又を歩いていくと左手に林の入り口を発見。クワズイモやアダンなどが生い茂り、季節によっては野鳥などの鳴き声も聞こえてきます。海岸についたら、右側2つ目の岩場にハートロックがあるので見つけてみましょう。なお、ハートロックは干潮時にしか現れないので、まずはじめに潮見表などを確認してから訪れることをおすすめします。専用の駐車場はありませんので、県道82号線沿いの駐車スペースを利用してくださいね。

金作原原生林

金作原原生林
今にも恐竜が出てきそうなジャングル金作原を探検

生き物たちを観察したり、実際に亜熱帯照葉樹林の森を散策したりできる絶好の場所が、金作原(きんさくばる)。金作原とは具体的な地名ではなく、奄美市名瀬地区の山岳部にある原生林を示す方言で、そのエリアの総称として親しまれています。平成29年(2017)3月7日には「奄美群島国立公園」に指定。国内で34カ所目の国立公園となり、金作原もその中に入っています。奄美の山は、通称「ブロッコリーの森」と呼ばれています。亜熱帯性の照葉樹・イタジイなど木の上にしか葉っぱがついていないので、山全体を遠くから眺めるとブロッコリーのように見えます。また見栄えだけでなく、木の上の葉っぱが傘のようにかぶっているので、地面は乾燥しにくく、豊かな森を育んでいます。

ホノホシ海岸

ホノホシ海岸
奄美大島最南端の海岸絶景を堪能

奄美大島南部の瀬戸内町の景勝地で、最南端の岬の付根にあるホノホシ海岸。この海岸は、砂地ではなく、まん丸な石ころが敷き詰められていて圧巻です。何度も何度も波に転がされ、石の角が削り取れて丸くなったもので、何より特徴的なのは、波打ち際の音。丸い石ころたちが波に洗われるように、ガラガラ、ゴロゴロと音が鳴ります。人によっても聞こえ方が違うのだとか。しかし、その丸い石は決して持ち帰ってはいけないと言い伝えられています。また沿岸には奇石や洞窟もあり、波があるときの潮の満ち引きの加減で、洞窟から唸るような轟音と潮が吹くような景観が見られることもあり、圧倒されますよ。

奄美海洋展示館

奄美海洋展示館
奄美の海を学ぼう、ウミガメの餌やり体験も

大浜海浜公園の中にある奄美海洋展示館は、正面玄関を入ると大きな水槽があり、奄美に生息する魚たちやウミガメが泳ぐ姿をみることができます。飼育員による魚たちへの餌やりタイムは10時と16時に見学できるほか、とくに来場者に人気なのは、ウミガメに自分で直接餌をやることができること。開館時間内であれば、常時餌やりができるので、係員に声をかけてみてみましょう。そのほかにも、タッチプールでナマコに触る体験ができたり、大きなクジラの骨の展示に触れることもできます。工作コーナーや、映像観賞コーナーもあるので、家族でゆっくり過ごすことができます。また、雨の日も楽しめる観光施設としておすすめです。

あやまる岬

あやまる岬
奄美十景と称される絶景スポット

空港から車ですぐ行ける、奄美で最もメジャーな絶景スポット「あやまる岬」。奄美大島の北側の笠利町にある景勝地で奄美十景になっています。岬がこんもりと丸い地形で、綾織の毬に似ているということから「あやまる岬」という名がついたのだそう。左手に最北端の笠利崎、右手に土盛海岸の美しい珊瑚礁の海を眺められます。また、太平洋に面していることもあり、日の出スポットとしても人気です。高台すぐ下にある観光公園の敷地内には、バースハウス、海中プール、ちびっこゲレンデ、展望所、サイクル列車、パターゴルフ場、コンビネーション遊具などがあり、様々なレジャーを楽しむことができますよ。また、空港からも車で10分ほどなので、到着後に観光するのもおすすめです。

湯湾岳公園

湯湾岳公園
湯湾岳

奄美群島国立公園に指定されている湯湾岳は、奄美大島の宇検村と大和村にかかる位置にあり、標高は694.4メートルあります。奄美最高峰の山で、山頂からは大島海峡が眺望でき、観光客に人気のスポットとなっています。大島海峡はリアス式海岸が美しく、とくに頂上の展望台からの眺めは絶景。おすすめの時間帯としては、夕陽が照らす大島海峡もまた美しい眺めです。ここには、アマミノクロウサギやオーストンオオアカゲラ、オットンガエルなど数多くの貴重な南西諸島の固有種が生息しており、頂上付近全体が国の天然記念物、国定公園特別保護地区にも指定されています。また、湯湾岳の山頂へ登る道は、宇検村側と大和村側にそれぞれあります。宇検村側からは登山道入り口から徒歩で1時間程度。大和村側からは、9合目まで車で上がり、頂上までは徒歩で15分で登頂できます。

鹿児島県のおすすめエリア

今、この宿、見られてます

あわせて読みたい!



テーマ別 ホテル選び特集

何にこだわる?

どのエリアに泊まる?