札幌で楽しむ 宿、温泉、グルメと町歩きの記事イメージ

【札幌】のホテル
札幌のホテルランキング、温泉、グルメ
まち歩き情報満載!

たびらいのローカル案内役が札幌のホテルを厳選!
最安値で泊まれる宿、目的別の「推し宿」特集、満足度が高い施設ランキングで紹介。観光スポットの情報もあるので、これを見れば観光コースもすぐ決まる!

札幌のホテルランキング

1st札幌駅直結。朝食や夜景一望のスパが人気

JRタワーホテル日航札幌

駅直結という利便性もさることながら、市内を一望できる天然温泉スパや見晴らしの良い客室が好評。三國清三氏が手掛けるフレンチレストランでのディナー、旬食材を使った実演メニューが並ぶ朝食ブッフェなど魅力がいっぱい。

ローカル案内役 早川 眞澄

2nd昭和9年に開業から変わらぬ“おもてなし”にファンも

札幌グランドホテル

朝食バイキングが評判で、特製コーンスープを使ったフレンチトーストやホテル伝統のアップルパイ「ポン・ム・ド・フィレ」が人気。部屋タイプも多彩で、コーヒーマーシンなど設備が充実した11階以上のコンフォートフロアがおすすめ。

ローカル案内役 藤本 昌弘

3rd札幌駅西口徒歩約5分、好立地ながら閑静なのが魅力

京王プラザホテル札幌

JR札幌駅徒歩圏内ながら比較的閑静な場所にあり、静かな滞在が叶うホテル。22階建てで、高層階客室からは日本新三大夜景都市・札幌の街並みを一望。朝は道産食材を取り入れた和洋80種類以上のブッフェも楽しみのひとつ。

ローカル案内役 早川 眞澄

4rd温泉や船内がモチーフのバーがあるホテル

ラ・ジェント・ステイ札幌大通

地下鉄大通駅から徒歩約5分と観光拠点に便利なホテル。2016年8月オープンと新しいホテルながら、遊び心ある空間や充実の施設で女性にから高評価。男女別の温泉大浴場や船内をイメージしたバーなど、お洒落さも人気の理由。

ローカル案内役 韮沢 美帆

5thリニューアル客室、道産ワイン豊富なレストランが人気

ANAクラウンプラザホテル札幌(旧札幌全日空ホテル)

眺望の良いリニューアル客室には、アイウォーマーやアロマなど快眠を誘うアメニティが充実。また、2017年9月オープンのレストランでは滝沢ワイナリーなど北海道の上質なワインを味わえるのも魅力。ワインに合うアラカルトと一緒に楽しんで。

ローカル案内役 藤本 昌弘

ローカル案内役が厳選した「推し宿」を紹介!札幌の宿を目的別に探す

憧れの宿やお得な宿など、様々な視点で紹介宿をこだわりで選ぶ

大事な人と泊まりたい宿を紹介宿を誰と行くかで選ぶ

札幌巡りに役立つおすすめ観光スポット

札幌を知る

札幌ってどんなところ?

市区町村の魅力度ランキングで、平成19年(2007)から10年に渡ってTOP3にランクインし続けている札幌。新千歳空港から快速電車で約60分という利便性をはじめ、都市部にいながら「さっぽろテレビ塔」や「札幌市時計台」など人気観光スポットが多いのも人気の理由です。少し足を延ばせば自然豊かな景色に出会えるほか、全道各地からグルメが集まるイベントや「さっぽろ雪まつり」といった北海道ならではの魅力を、札幌に居ながら満喫できるのも魅力です。

初めての札幌旅行では外せない「札幌市時計台」

初めての札幌旅行では外せない「札幌市時計台」
時計台の前には、撮影ポイントを知り尽くした「シャッターマン」がいるので、全員での記念撮影も可能です。

JR札幌駅・大通公園の両方から徒歩約10分で向かえる札幌市時計台。ここは「少年よ、大志を抱け」の言葉で有名なクラーク博士によって建てられた旧札幌農学校演武場であり、国指定の重要文化財。意外と知られていませんが、ここは日本最高の塔時計でもあります。時計と鐘は今も現役で、当時の姿のまま札幌市民に時を知らせています。建物前での記念撮影をはじめ、館内には北海道開拓の歴史を学ぶことができる仕掛けがいっぱい。解説パネルやレプリカなどの展示、2階では塔時計の構造を間近で観賞することができます。平成29年(2017)10月16日には等身大のクラーク博士像が新たに設置され、ベンチに腰掛けたクラーク博士の隣で記念撮影もできますよ。

■札幌市時計台
【住所】北海道札幌市中央区北1条西2丁目
【アクセス】JR札幌駅・地下鉄大通駅から徒歩約10分

ワンコインで味わえるグルメも「二条市場」

ワンコインで味わえるグルメも「二条市場」
市場と言えば早朝からのイメージですが。ここは18時まで営業。飲食店街は21時までなので、昼からでも十分に楽しめます。

大通公園やさっぽろテレビ塔から近い「二条市場」は、カニやウニなど北海道らしい海鮮が手に入る人気スポット。青果や札幌の銘菓など幅広く取り扱いがあり、土産選びにもピッタリです。道内各地から仕入れた新鮮な海の幸は、試食で味を確かめてから購入できるものが多く、一部店舗では真空パックサービスも実施。地方発送も対応しているので、荷物を気にせずに訪れることができるとはうれしい限りです。カニの鉄砲汁やカニ身が詰まった中華まんをワンコインで販売している専門店をはじめ、店内奥にイートインスペースを設けている店、市場内の「のれん横丁」など飲食店も充実。とくに「のれん横丁」にはオシャレな店が10店舗ほど軒を連ねており、ジンギスカンやスープカレーといったご当地グルメも堪能できます。

■二条市場
【住所】北海道札幌市中央区南3条東1丁目~東2丁目
【アクセス】札幌市営地下鉄東西線「バスセンター前」から徒歩約3分、地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通」から徒歩約10分。

都会のオアシス「中島公園」

都会のオアシス「中島公園」
紅葉は10月中旬~下旬が見頃。一面銀世界が広がる冬も、また良い。

繁華街ススキノから徒歩圏の中島公園は、市民の憩いの場。ゴールデンウィークに見頃を迎える桜や朱色とイチョウの黄色のコントラストが美しい10月中旬の紅葉など、都心部にいながら北海道らしい大自然に出会えるとあって、観光客にも人気のエリアです。中島公園の総面積は、なんと東京ドーム4.5個分。園内には菖蒲池という大きな池があり、夏場は有料でボートに乗ることもできます。中島公園の一角には文化やレシキに関する施設「豊平館(ほうへいかん)」もあります。明治から大正にかけて迎賓館・公会堂の役割を担った豊平館は、かつて皇族や政府高官が宿泊施設としても利用。そのため館内は艶やかな梁や赤絨毯、シャンデリアなど煌びやかな造りとなっていて、まるで映画のワンシーンのよう。精密な装飾品や歴史を体感できる展示も充実しているので、ツウな札幌の楽しみ方をしたい人におすすめです。

■中島公園
【住所】北海道札幌市中央区中島公園
【アクセス】地下鉄さっぽろ駅から、南北線真駒内行きで中島公園駅まで5分

札幌名物、スープカレー

札幌名物、スープカレー
1店と言わず2店・3店を食べ歩いて、その奥深い世界にふれてみよう。

札幌市内を歩いていると、あちこちで出会えるスープカレー。この15年で市内には数えきれないほどの専門店が誕生、関東にも多くの店が進出するなどメジャーなグルメとなりました。本場札幌でその味を楽しむなら、地下鉄東西線南郷7丁目駅から徒歩約3分のところにあるブームの火付け役「マジックスパイス」や狸小路2丁目の老舗「スープカレーGARAKU」が定番。エビスープをいち早く取り入れた「奥芝商店」やひと皿で350グラム以上の野菜が味わえる「Rojiura Curry SAMURAI.(ろじうらかりーさむらい)」も人気店でありながら、市内に数店舗を展開しているため、訪れやすいのでおすすめです。自宅でもそのおいしさを楽しめるよう、レトルトを店頭で販売しているところも多いので、お土産としても忘れずにチェックを。

丘陵地に開かれた芸術複合施設「札幌芸術の森」

丘陵地に開かれた芸術複合施設「札幌芸術の森」
木々の葉音を耳を傾けながらアートを見つける散策は、良き思い出に。

札幌中心部から車で約45分、地下鉄真駒内駅からバスで約15分。約40ヘクタールの敷地に散りばめられた芸術と創作の拠点で、四季を感じながらアートを身近に楽しむことができます。「札幌芸術の森美術館」には北海道の美術を中心としたコレクション約1400点を所蔵しており、年間5本~7本の企画展示を実施。また美術館周辺7.5ヘクタールを「札幌の森野外美術館」とし、石が北斗七星の形に並んだ「北斗まんだら」や福田 繁雄氏の「椅子になって休もう」、ノルウェーのアーティストの作品を展示した広場など見所がたくさん。陶芸や七宝、木工など各種クラフトの工房も園内に点在し、見るだけでなく気軽な体験を通してアートに触れることができます。
■札幌芸術の森
【住所】札幌市南区芸術の森2丁目75
【アクセス】JR札幌駅・札幌中心部から車で約45分

道民ゆかりの地で参拝「北海道神宮」

道民ゆかりの地で参拝「北海道神宮」
本殿は通常、白い幕となっていますが、年明けや特別な期間に紫の幕がかけられることがあります。遭遇した時はラッキーです。

カフェや雑貨店などオシャレスポットとして人気の円山エリア。その一角にある原生林に囲まれた北海道神宮は、参拝や婚礼だけでなく、春は花見の名所としても市民に愛されています。札幌中心部から車で約10分ほどで向かうことができますが、地下鉄東西線円山公園駅で降車して東の鳥居から入り、散策しながら向かうのもおすすめです。境内にはゴジュウカラなどの野鳥をはじめ、キタキツネやエゾリスなどの野生動物が顔を出すことも。北海道開拓の先人が祀られた「開拓神社」など小さな神社にも手を合わせつつ、本殿での参拝・おみくじをどうぞ。本殿からほど近い場所にある「六花亭参拝者休憩所」も人気で、ここでしか購入できない焼き餅「判官さま」は必食です。

■北海道神宮
【住所】北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
【アクセス】地下鉄東西線「円山公園」駅から徒歩15分

札幌周辺のおすすめエリア

この記事を見ている人におすすめホテル情報

この記事を見ている人におすすめ情報



テーマ別 ホテル選び特集

誰と行く?

何にこだわる?

どのエリアに泊まる?