おたる 宏楽園ホテル ノイシュロス小樽
ローカル案内役が選ぶ「推し宿」

小樽で夕食が
おいしい宿5選

更新:2019年6月18日

和食とフレンチが融合した美しい会席や箸で食べられる創作フレンチ、旬魚介のお造り、職人が握る寿司など小樽で夕食がおすすめの宿を紹介。

1茶の湯懐石に習った季節の恵みを盛り込んだ料理が並ぶ

おたる 宏楽園

小樽(朝里川温泉)
  • フレンチシェフが監修した色鮮やかな野菜のテリーヌ

    フレンチシェフが監修した色鮮やかな野菜のテリーヌ

  • 時期によりシャコや海老など旬魚介が味わえるお造り

    時期によりシャコや海老など旬魚介が味わえるお造り

  • 3名までは部屋で気兼ねなく夕食を味わうことも

    3名までは部屋で気兼ねなく夕食を味わうことも

  • フレンチシェフが監修した色鮮やかな野菜のテリーヌ
  • 時期によりシャコや海老など旬魚介が味わえるお造り
  • 3名までは部屋で気兼ねなく夕食を味わうことも

夕食はフレンチと和食を融合させた会席を味わえます。札幌にあるフレンチレストランのオーナーシェフ半田氏が監修した料理が並び、中でもおすすめは見た目も美しい「野菜のテリーヌ」。ソースにも野菜を使用し、素材本来の味を楽しめますよ。

ローカル案内役 韮沢 美帆

食前酒には小樽「田中酒造」の大吟醸が用意され、たらば蟹やふかひれ、鮑や雲丹、ふらの和牛など時期により旬食材を使った料理が並びます。会席はボリュームもあり、男性でも満足できそう。ぜひ、豊富に揃う地酒と一緒に味わってください。

ローカル案内役 藤本 昌弘

ホテルの楽しみ方・宿泊プラン
2箸でも食べられる和テイストの創作フレンチが味わえる

ホテル ノイシュロス小樽

小樽(祝津)
  • 北海道産の野菜を使ったポタージュは素材本来のおいしさ

    北海道産の野菜を使ったポタージュは素材本来のおいしさ

  • 鹿もも肉やラム肉などのローストはクセがなく柔らかい

    鹿もも肉やラム肉などのローストはクセがなく柔らかい

  • 旬のフルーツを使用した華やかなデザートプレート

    旬のフルーツを使用した華やかなデザートプレート

  • 北海道産の野菜を使ったポタージュは素材本来のおいしさ
  • 鹿もも肉やラム肉などのローストはクセがなく柔らかい
  • 旬のフルーツを使用した華やかなデザートプレート

道産の真鱈、白子など時期により旬の食材を使用した料理が味わえるほか、色鮮やかなデザートがコースの最後を彩ってくれます。料理と一緒にホテルメイドの焼き立てパンを味わうのがおすすめ。パンは人気で、お土産に購入する人も多いんです。

ローカル案内役 韮沢 美帆

時期により異なるコースディナーをソムリエやスタッフが毎回試食し、料理に合うワインをセレクトしています。おたるワインはもちろん、シャトーオーブリオン、シャンパンなど種類も豊富です。ベストな1本を気軽に相談してみて。

ローカル案内役 藤本 昌弘

ホテルの楽しみ方・宿泊プラン
3日高産時知らずや伊達産地鶏など道産食材が味わえる

運河の宿 おたる ふる川

小樽(小樽市街)
  • 桜鱒や縞エビ、秋シャコ、平目など旬魚介はお造りで

    桜鱒や縞エビ、秋シャコ、平目など旬魚介はお造りで

  • 食事会場には運河が見えるカウンター席や小上がりも

    食事会場には運河が見えるカウンター席や小上がりも

  • 小樽の街並みに溶け込むレトロなデザインの宿

    小樽の街並みに溶け込むレトロなデザインの宿

  • 桜鱒や縞エビ、秋シャコ、平目など旬魚介はお造りで
  • 食事会場には運河が見えるカウンター席や小上がりも
  • 小樽の街並みに溶け込むレトロなデザインの宿

夕食会席では岩内やオホーツク海で水揚げされた新鮮魚介が楽しめます。春は桜鱒、夏は縞エビやウニ、秋から冬はサケやシャコなど旬魚介を刺身で味わえるのもうれしい。苦手な食材やアレルギーにも可能な限り対応してくれるので気軽に相談を。

ローカル案内役 竹内 晴香

夕食会場の運河側席は、追加料金で席の確約が可能なので早めの予約がベターです。運河を眺めながらの食事にプラスするなら、国稀酒造のふる川オリジナル日本酒がおすすめ。純米酒のコクと爽やかな後味が特徴で、料理との相性も抜群です!

ローカル案内役 藤本 昌弘

ホテルの楽しみ方・宿泊プラン
4うにや鮑など旬食材を盛り込んだ季節のディナーが好評

朝里川温泉 小樽朝里クラッセホテル

小樽(朝里川温泉)
  • 和洋中の各調理長が、素材の持ち味を引きだした会席

    和洋中の各調理長が、素材の持ち味を引きだした会席

  • 地元のワインも揃っているのでぜひ一緒に楽しんで

    地元のワインも揃っているのでぜひ一緒に楽しんで

  • 和食派にはキンキなど旬魚を使ったコースもおすすめ

    和食派にはキンキなど旬魚を使ったコースもおすすめ

  • 夕食を堪能した後は、豊かな自然に囲まれた温泉大浴場へ

    夕食を堪能した後は、豊かな自然に囲まれた温泉大浴場へ

  • 和洋中の各調理長が、素材の持ち味を引きだした会席
  • 地元のワインも揃っているのでぜひ一緒に楽しんで
  • 和食派にはキンキなど旬魚を使ったコースもおすすめ
  • 夕食を堪能した後は、豊かな自然に囲まれた温泉大浴場へ

海の幸、山の幸が集まる朝里川温泉ならではの夕食が評判です。なかでも「総支配人プロデュース会席」は和食・洋食・中華の各調理長が素材に合わせて仕上げたメニューが並ぶ、良いとこどりのコース。うにや鮑など贅沢食材も味わえますよ。

ローカル案内役 韮沢 美帆

会席はひと品ひと品サーブしてくれるので、ゆっくりと楽しむことができます。おたるワインや田中酒造の日本酒など地元で作られた銘酒をはじめ、アルコールも多数揃っているので、会席ディナーととも嗜むのもおすすめです。

ローカル案内役 竹内 晴香

ホテルの楽しみ方・宿泊プラン
5蝦夷前寿司や創作寿司を、雰囲気あるバルで味わって

ホテルソニア小樽

小樽(小樽市街)
  • 職人の握りたてをいただけるのも、こちらの宿の魅力

    職人の握りたてをいただけるのも、こちらの宿の魅力

  • 道産牛の炙り焼きは、ぜひオーダーしてほしいひと品

    道産牛の炙り焼きは、ぜひオーダーしてほしいひと品

  • ホテル1階の寿司バル「IL ONAI(イルオナイ)」

    ホテル1階の寿司バル「IL ONAI(イルオナイ)」

  • ディナーのお供には地元で造られた日本酒をチョイス

    ディナーのお供には地元で造られた日本酒をチョイス

  • 職人の握りたてをいただけるのも、こちらの宿の魅力
  • 道産牛の炙り焼きは、ぜひオーダーしてほしいひと品
  • ホテル1階の寿司バル「IL ONAI(イルオナイ)」
  • ディナーのお供には地元で造られた日本酒をチョイス

お楽しみの夕食は、2019年4月のリニューアルとともに誕生した寿司バル「IL ONAI(イルオナイ)」にて。港町ならではの旬魚介を、気軽かつオシャレに味わえるのがうれしいですね。腕前の確かな寿司職人が、丁寧に作ってくれるのも高ポイントです。

ローカル案内役 竹内 晴香

小樽近郊で採れた野菜や海の幸、そして北海道産の牛肉を贅沢に炙り焼きで楽しめるのもおすすめの理由。滝川産の合鴨や十勝牛は、そのまま握り寿司にしてもらうことも可能。季節感を大切に、その時期の旬を味わえるのも魅力ですよ。

ローカル案内役 韮沢 美帆

ホテルの楽しみ方・宿泊プラン

今、この宿、見られてます

あわせて読みたい!



テーマ別 ホテル選び特集

誰と行く?

何にこだわる?

どのエリアに泊まる?