北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

たびらい 北海道

登別
ホテルランキング

日本屈指の名湯!登別エリアのホテル満載

登別のホテル選びで悩んでいる方。ランキングをチェックしてあなたにピッタリのホテルを見つけてはいかがですか?
庭園露天や客室露天風呂、料理がおいしいなど、登別のホテルを様々な切り口でご紹介致します。

登別 ホテルランキング

北海道在住のスタッフが選んだホテルランキング。業界のプロが選んだホテルがひと目でわかる。
登別のホテルをチェックして、評判の高いおすすめのホテルを比較、予約!

祝いの宿 登別グランドホテル
滝が流れる庭園露天風呂で温泉が満喫できる宿
8メートルの高さから流れる滝がある庭園露天風呂の他、道内出身の彫刻家の作品があるローマ風大浴場、貸切の家族風呂などで3種類の泉質の温泉が満喫できる。夕食ではステーキや天ぷら、中華などの実演メニューがあるバイキングをぜひ味わいたい。デザートにはしっとり食感のバームクーヘンが人気だ。部屋は和室や洋室、和洋室の他、露天風呂付きの部屋もある。
アクセス
祝いの宿 登別グランドホテルの地図JR登別駅/車で約13分
住所
北海道登別市登別温泉町154

ホテルの楽しみ方・基本情報

登別温泉郷 滝乃家
日本庭園を望む部屋、個室食事処がある割烹旅館
夕食は鮑や登別牛などを使い、有田焼など器にもこだわった美しい懐石が味わえる。食事はプランにより部屋や日本庭園を望む個室食事処で気兼ねなく味わえる。また、露天風呂や暖炉がある部屋があり、贅沢な空間でのんびりできると好評だ。大浴場の露天風呂では絵画のような日本庭園を眺めながら温泉が満喫できるのも良い。夜はバーで登別をイメージしたオリジナルカクテルを楽しんで。
アクセス
登別温泉郷 滝乃家の地図JR登別駅/車で約13分
住所
北海道登別市登別温泉町162

ホテルの楽しみ方・基本情報

望楼NOGUCHI登別
客室展望風呂や贅沢な料理が楽しめる大人の隠れ宿
スタイリッシュと和の趣が融合した大人の隠れ家宿。全客室に温泉展望風呂があり、気兼ねなく入浴が楽しめる。バスアメニティにはジャスミンなどの植物由来成分を使用した世界的ブランドTHANNがあるのもうれしい。また、個室食事処で味わう夕食は時期により内容が異なるが、あんこう鍋や旬のお造りなど和と洋を融合させた会席料理が堪能できる。
アクセス
望楼NOGUCHI登別の地図道央自動車道「登別東I.C」/約15分
住所
北海道登別市登別温泉町200-1

ホテルの楽しみ方・基本情報

登別温泉 第一滝本館
多彩な浴槽、1500坪の大浴場で温泉が満喫できる宿
1500坪と広い大浴場には生ビールや日本酒が楽しめる露天風呂や地獄谷を望む内湯の他、寝湯、歩行湯など35種類の浴槽で温泉を満喫することができる。7つの源泉を楽しむことができるので湯めぐり気分を味わえるのも良い。ウオータースライダーがある温水プールは、遊具が充実でファミリーに好評だ。夕食の和洋ビュッフェでは、マグロやイクラが盛り放題の勝手丼を味わって。
アクセス
登別温泉 第一滝本館の地図JR登別駅/車で約13分
住所
北海道登別市登別温泉町55

ホテルの楽しみ方・基本情報

登別温泉 御やど清水屋
源泉かけ流しの温泉と料理が人気の和風割烹旅館
お香が香り和風の館内は落ち着く雰囲気。夕食では毛蟹が味わえる会席や河豚会席など、こだわりの食材を使用した料理が並ぶ。また、夕食は部屋で気兼ねなく味わえるのも良い。昭和17年に割烹旅館として開業して以来受け継いだ伝統の味はぜひ味わいたい。また、大浴場では檜の内湯や岩造りの露天風呂で源泉かけ流しの温泉を満喫できる。
アクセス
登別温泉 御やど清水屋の地図JR登別駅/車で約13分
住所
北海道登別市登別温泉町173

ホテルの楽しみ方・基本情報

注目のコンテンツ

登別周辺のおすすめ観光情報、楽しみ方を提案

登別温泉 北海道を代表する名湯の楽しみ方
「登別温泉」は、江戸時代から市民に愛され続けている北海道の屈指の温泉地。温泉入浴を楽しむ以外にも、地面から水蒸気や火山ガスが噴出する「地獄谷」など、観光スポットも多数ある。そんな登別温泉の楽しみ方を紹介。江戸時代から存在が知られていた登別温泉。明治時代に温泉宿が設けられてからは、北海道を代表する保養地・観光地の一つとなった。登別という地名は、アイヌ語で(水色の濃い川)を意味する「ヌプル・ペツ」という言葉から。温泉の成分が流れ込んだ、水色の川を表現した地名である。登別温泉街の北東に位置する地獄谷は、1万年近く前にあった笠山が爆発してできた爆裂火口跡。噴気孔や湧出孔があり、多種類の温泉が毎分3000リットルも湧出し、登別温泉の約4分の3の源泉地である。地獄谷に一歩足を踏み入れると、もうもうと立ち上がる熱湯や水蒸気そして火山ガスが噴出し、あたり一帯には硫黄の臭いが漂う。地獄谷は平成16年(2004)北海道遺産に選定された場所でもある。
登別を観光。大自然とテーマパークを楽しむ
北海道屈指の温泉地・登別。そんな登別で楽しめるのは、長い歴史とともに育まれた大自然と、多彩なテーマパーク。観光スポットとしての「登別」の楽しみ方を紹介する。登別温泉、カルルス温泉で有名な登別。北海道の太平洋岸に位置する観光地には、神秘的で美しい景観が多数存在する。登別の周辺は熱気と硫黄の匂いに覆われ、様々な爆裂火口跡からは今も湯が噴き出ている。その光景はまさに大地の神秘。また登別の奥座敷、カルルス温泉は貴重な国民保養温泉地で、緑豊かな環境と宝のような湯の質の良さは湯治や保養に最も適した湯量豊富な温泉郷だ。
「のぼりべつクマ牧場」はディープな旅の楽しみの宝庫!
北海道だけに生息し、日本国内では最大の陸上動物・エゾヒグマ。「のぼりべつクマ牧場」は、常時、約100頭ものエゾヒグマを飼育する珍しい施設であり、ヒグマの多頭集団飼育に成功した世界初の場所でもあります。牧場でのびのびと暮らす個性溢れるクマたちの魅力と、なかなかにディープな楽しみ方をたっぷりと紹介! のぼりべつクマ牧場へは、登別温泉街中心部からロープウェイに乗って約7分。登別温泉に宿泊する人におすすめのスポットです。動物観察だけでなく、ゴンドラから一望できる登別の景色、また山頂施設から望む倶多楽湖(くったらこ)の風景も魅力のひとつ。
札幌近郊半日ドライブ 地元目線で楽しもう
北海道の爽やかな春~初秋はドライブに絶好のシーズン。気ままに車を走らせ、束の間の住人となって北海道を地元目線で楽しもう。例えば北海道旅行の最終日、半日しかない貴重な時間をどう過ごすか? そんな時こそ、札幌近郊の半日ドライブがおすすめだ。札幌近郊や新千歳空港周辺の町にも、見落とされがちだが、実は北海道の魅力を深く満喫できるスポットがたくさん点在している。都市部とは対照的な雄大なその風景は、季節や町によって幾通りもの素顔がある。素敵な場所に出会ったら思い切って車を止めて深呼吸。風景を写真に収めたり、「あの丘の雑木林に家を立てて暮らしてみたい」などと想像を巡らせてみる。その匂いや情景はいつもの生活に戻った時、きっと心に潤いをもたらしてくれる。気ままなドライブならではの、産直市場、日帰り温泉を軸に札幌近郊を紹介。何気ない場所からの絶景、本当のおいしさ、普段着の贅沢な北海道を訪ねるドライブを始めよう。
有珠山と昭和新山 北のジオパークを満喫!
道央・壮瞥町(そうべつちょう)の有珠山(うすざん)は、ロープウェイから望む四季折々の景色、“外輪山遊歩道トレッキング”で見られる火口、そしてグルメなど、さまざまな楽しみ方ができる。日本で初めて「世界ジオパーク」に選ばれた火山の楽しみ方を詳しく紹介!道央・壮瞥町(そうべつちょう)の有珠山(うすざん)は、ロープウェイから望む四季折々の景色、“外輪山遊歩道トレッキング”で見られる火口、そしてグルメなど、さまざまな楽しみ方ができる。日本で初めて「世界ジオパーク」に選ばれた火山の楽しみ方を詳しく紹介!
洞爺湖温泉、100年続く温泉リゾート
ホテルや旅館の数は北海道有数の規模を誇り、年間約300万人を超える観光客が訪れる湯量の豊富な温泉郷として知られている。 洞爺湖温泉は明治43年(1910)に有珠山の寄生火山である四十三山(よそみやま)の噴火で誕生した。大正6年(1917)に温泉宿が開業し、100年続く温泉リゾートとして世界的にも貴重な地域とされている。洞爺湖を楽しめる、札幌出発のバスツアーも人気。
世界ジオパークと100年温泉~洞爺湖観光
洞爺湖は約11万年前の火山活動によって誕生した巨大なカルデラ湖。世界ジオパークに認定された雄大な自然と100年続く温泉リゾートが共存した魅力満載の地を紹介しよう!新千歳空港から車で約1時間30分、札幌市街地からでも約2時間の距離にある洞爺湖はアクセスしやすく、日帰りでも十分楽しめるのが魅力だ。また宿泊施設も充実しており、中継地点としての利便性も高い。洞爺は火山活動によって出来た巨大なカルデラ湖に、世界ジオパーク認定の自然、そして100年続く温泉リゾートとして世界においても貴重な地域なのである。そのバックグラウンドを生かしたスポット、イベント、アクティビティなど魅力が盛りだくさん!札幌からでも気軽に訪れる事ができるバスツアーは、最近では注目を集めている。観光地を巡ったり、ショッピングを楽しんだりと洞爺湖の魅力を気軽に楽しめるコースもあるのでチェックしてみる事をオススメする。
室蘭観光 工場夜景と鉄のまちの楽しみ方
北海道を代表する工業都市として、明治時代から栄えてきた室蘭。噴火湾と白鳥湾の中にある天然の良港・室蘭港を中心に、そのまちは広がる。鉄のまち、ものづくりのまちとしての独自の魅力を、室蘭観光協会の仲嶋憲一さんに聞いた。広い北海道の中でも、他には類を見ない魅力を備えたまち・室蘭。噴火湾に面し、14キロにわたって断崖絶壁が続く絵鞆半島(えともはんとう)に位置する地勢が、独自の歴史と文化を築いたといえる。天然の良港として知られる室蘭港を取り囲む工場群、港内で優雅にそびえる東日本最大の吊り橋・白鳥大橋、それらが彩る日本有数の夜景。鉄のまち、ものづくりのまちだからこそ非日常のグレートビューが楽しめるのだ。イルカや鯨が泳ぐ噴火湾、太平洋は豊かな漁場で、良質な魚介の旨さは定評。カレーラーメン、室蘭焼鳥、クロソイなど、個性的なグルメも満喫できる。工業と大自然が融合するまちをめぐる旅は、どこにもない魅力にあふれている。
「地球岬」室蘭の絶景、おすすめの楽しみ方
室蘭が位置する絵鞆半島の太平洋に面した外海は、断崖絶壁が連続する絶景の宝庫。「室蘭八景」としてもうたわれる、地球岬をはじめとする景勝地の魅力を、室蘭観光協会の仲嶋憲一さんに伺った。古くから天然の良港として栄え、工業都市に発展した室蘭。北海道の他の都市にはない文化、歴史を形成した源は、その地形にあるといえる。太平洋と噴火湾に突き出した絵鞆半島(えともはんとう)を中心に市域が広がり、三方を海に囲まれた室蘭の街並みは、半島付け根に市街地が広がり、室蘭港に面した埋め立て地に工場群が占める。その一方で、太平洋に面した外海は断崖絶壁が続き、自然がそのまま残った海岸線を形成。絵鞆半島の外海岸にあるハルカラモイ、マスイチ浜、地球岬、トッカリショは、アイヌ文化に由来する景勝地ピリカノカとして国の名勝に指定されている。地球岬をはじめ、雄大な自然の景観に圧倒される室蘭外海の旅。海と絶壁が織りなすパノラマの連続を堪能しよう。
ページ先頭へ