北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

定山渓
ホテルランキング

季節ごとに様々な楽しみ方がある!定山渓エリアのホテル満載

定山渓エリアのホテル選びで悩んでいる方。ランキングをチェックしてあなたにピッタリのホテルを見つけてはいかがですか?
森を眺められる露天風呂、温泉熱の岩盤浴、暖炉で焼きマシュマロが楽しめる宿など、定山渓エリアのホテルを様々な切り口でご紹介致します。

定山渓 ホテルランキング

北海道在住のスタッフが選んだホテルランキング。業界のプロが選んだホテルがひと目でわかる。
定山渓エリアのホテルをチェックして、評判の高いおすすめのホテルを比較、予約!

定山渓温泉 ぬくもりの宿 ふる川
裸電球が灯る温泉や囲炉裏など懐かしさを感じる宿
大浴場には裸電球が灯り檜の香りが漂う展望浴場や温泉蒸し風呂、よもぎ寝湯などがある。また、大人のみが入浴できる大浴場「ゆ瞑み」は静かにのんびり入浴したい人におすすめ。その他、貸切の風呂や岩盤浴もある。夕食は、北海道産の旬食材を使った創作和食コースを味わって。通常のコースに1日10名限定で囲炉裏会席を追加することもできる。人気のコースなので早めの予約を。
アクセス
定山渓温泉 ぬくもりの宿 ふる川の地図JR札幌駅/車で約1時間
住所
北海道 札幌市南区定山渓温泉西4丁目353

ホテルの楽しみ方・基本情報

定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌
絵本の中のような館内、パティシエのケーキが人気
草原をイメージした1階の「森ラウンジ」では夕方から暖炉で焼きマシュマロが楽しめる他、ハープの生演奏を聴きながらのんびり寛ぐのも良い。夕食は絵本の中のようなレストランでビュッフェを味わって。自分の好みの具材で作る石窯ピザや実演のステーキ、パティシエのスイーツなど約90品が並ぶ。パティシエのスイーツはショップで購入することができ、お土産に人気だ。
アクセス
定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌の地図JR札幌駅/車で約1時間
住所
北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目192

ホテルの楽しみ方・基本情報

女性のための宿 翠蝶館
‟美しくなる”がコンセプトの女性だけが泊まれる宿
温泉大浴場では、3種類の泉質を源泉かけ流しで楽しめる。入浴を楽しんだ後は、エステできれいに磨きをするのも良い。エステサロンでは、オーガニックスキンケアブランド「スンダリ」を使用し、湯治とトリートメントで肌の悩みにアプローチする施術を受けることができる。さらに夕食の薬膳料理を味わえば、体の中からきれいなれそうだ。また、部屋はシックで洗練された雰囲気のツインや森を望む和室などがある。
アクセス
女性のための宿 翠蝶館の地図JR札幌駅/車で約1時間
住所
北海道札幌市南区定山渓温泉西3丁目57

ホテルの楽しみ方・基本情報

章月グランドホテル
メディアで紹介されたオリジナルの料理が味わえる
夕食ではホテルオリジナルの「サイロ鍋」が味わえる。牛乳ベースのスープに、キンキ、鮭、エビ、あさり、タラバ蟹などの魚介、甘みのあるキャベツなど道産食材を使用した優しい味わいが人気。また、暖炉のあるラウンジがあり、20種類の蜂蜜が無料で味わえる「蜂蜜バイキング」を楽しむことができる。その他、体が温めると好評の源泉かけ流しの湯を岩露天や檜の湯船で堪能できるのも良い。
アクセス
章月グランドホテルの地図JR札幌駅/車で約1時間
住所
北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目239 

ホテルの楽しみ方・基本情報

定山渓ビューホテル
スプラッシュリバーがあるプールで遊べるホテル
年中遊べる屋内温水プール「水の王国ラグーン」があり、ファミリーに人気のホテル。プールには波のあるウェーブプールやスプラッシュリバーもある。温泉を堪能することもでき、庭園を眺めらる露天風呂や定山渓の渓谷が眺められる内湯で遊び疲れた体を癒やせる。夕食はブッフェスタイルレストランで味わって。季節ごとのフェアを行っているので何度来ても楽しめるのが良い。
アクセス
定山渓ビューホテルの地図JR札幌駅/車で約1時間
住所
北海道札幌市南区定山渓温泉東2丁目

ホテルの楽しみ方・基本情報

注目のコンテンツ

定山渓周辺のおすすめ観光情報、楽しみ方を提案

定山渓観光 札幌の奥座敷の楽しみ方
江戸末期の開湯で、古くから温泉地として親しまれている定山渓。実は温泉以外にも、自然を生かしたアクティビティや絶景、グルメなど魅力的なスポットが多数ある。知れば知るほど奥深い、定山渓の楽しみ方とは?札幌中心部から車で約50分。そびえたつ渓谷と深い森に囲まれた「定山渓」は、札幌の奥座敷として知られる人気温泉郷だ。その歴史は古く、幕末の慶応2年(1866)、備前(岡山県)出身の修験僧・美泉定山が、土地のアイヌの案内で湧き出でる泉源と出合ったのが始まり。定山渓観光といえばその名湯を楽しむのが定番だが、自然を舞台に遊ぶアクティビティや果物狩り、そして湯の町グルメなど、実は温泉以外の魅力もたっぷりとある。さらには、季節ごとにさまざまなイベントが開催され、秋には渓谷を彩る錦秋絵巻を楽しむことも。
定山渓温泉の魅力と楽しみ方を徹底ガイド!
古くから札幌の奥座敷として親しまれている温泉郷、定山渓温泉。札幌にありながら、四季折々の自然を感じられるロケーションと、しっとりとした湯上がりを楽しめる泉質が特徴的だ。江戸時代末期に開湯した定山渓温泉。湯量豊富で質のよい湯がこんこんと湧く温泉郷で、源泉数は56にもおよぶ。春は桜とともに春紅葉(はるもみじ)を眺められ、秋は赤や黄色に染まる山々を眺めに多くの人たちが訪れる、人気紅葉スポットだ。アクティビティーが盛んな夏や、雪を活かしたイベントが開かれる冬の時期も魅力的。近年は、この地に残るかっぱ伝説から誕生した「かっぽん」が、愛されキャラとして活躍中だ。
札幌・豊平峡温泉で源泉100%の美肌の湯と絶品カレー
札幌市の郊外にある豊平峡温泉は、自然に囲まれたロケーションと泉質のよさが好評の日帰り温泉施設。併設する食堂のインドカリーも、街中の専門店のような本格的な味わいが人気だ。その魅力について探ってみよう。札幌市南区の郊外、定山渓温泉街のさらに奥にある日帰り入浴施設「豊平峡温泉」。大自然の中に広がる巨大な露天風呂は開放的で、ゆったりリラックスできるのが魅力だ。お湯は源泉100%かけ流し、お肌がツルツルすべすべになる美肌の湯として知られている。ここの施設の特徴は、温泉のよさとともにインドカリーが有名なこと。併設している食堂で提供しているインドカリーは、現地から来日しているスタッフが作る本格的な味。度々テレビや雑誌などでも取り上げられるほどで、中には温泉目当てではなくカリー目当てでやって来るという人もいるほどだ。そんな豊平峡温泉の魅力と楽しみ方を、達人に紹介してもらおう。
「二条市場」札幌の人気観光市場の楽しみ方
札幌市街中心部に位置する二条市場は、100年以上の歴史を持ち現在約50店が軒を連ねる、人気の観光スポットだ。海鮮を堪能できる本格グルメはもちろんのこと、ワンコインで楽しめるお気軽グルメや手軽な試食も魅力的な市場を徹底ガイド!二条市場が建つのは、「大通公園」や「さっぽろテレビ塔」など有名観光スポットがひしめく札幌中心部。大通やすすきのに宿泊した人がホテルから徒歩で気軽に足を運べる絶好の場所にある。市場ではカニやウニなど新鮮な魚介類はもちろんのこと、青果や土産用の菓子など幅広い品が販売されている。“好アクセス・品揃え・周辺観光スポットの豊かさ”。札幌旅行の折にはぜひ立ち寄りたい、まさに“三拍子”揃った市場だが、二条市場の魅力はこれだけにとどまらない。お手軽グルメを楽しめるのが、この市場の特色であり、おすすめポイントだ。ワンコインで堪能できる海鮮メニューとは? 試食の楽しみ方とは? 二条市場歴30年を超えるこの道の達人にインタビュー!
2017最新版「さっぽろ雪まつり」の楽しみ方を徹底ガイド!
北海道の冬を代表する一大イベント、さっぽろ雪まつり。メイン会場となる大通会場の楽しみ方から体を暖かく保つ服装選びのポイントまで、達人のアドバイスを役立てて満喫しよう!昭和25年(1950)に始まり、平成29年(2017)には68回目を迎えるさっぽろ雪まつりは、北海道の中でも長い歴史と最大級の規模を誇るイベントのひとつ。これを目当てに、国内はもとより、海外からも多くの観光客が訪れ、その数は毎年200万人を超える。平成28年(2016)には260万人の入場者を記録しており、その人気は衰え知らず。大きさと細工の精巧さに圧倒される大雪像が並ぶ大通会場をはじめ、雪上アクティビティが豊富なつどーむ会場、美しい氷彫刻がネオンに映えるすすきの会場と、個性豊かな3会場で、雪と厳しい寒さを逆手に取って楽しむ道民文化に触れてみよう。
札幌ラーメン 伝統の味と人気店ガイド
「札幌ラーメン」は、旭川ラーメン、函館ラーメンと並ぶ北海道三大ラーメンのひとつ。旅行で訪れた際には、ぜひ楽しみたい道民の味だ。すすきので育ち、各地に広がりを見せる札幌ラーメンのおすすめ情報を、製麺のプロフェッショナルに徹底インタビュー! その味わいの秘密と気鋭の人気店、乙な老舗店を紹介。豚骨ベースの濃厚スープ、そしてプリップリもっちりで黄色に輝く縮れ麺。「札幌ラーメン」は今や「SAPPORO STYLE」として世界でも愛される味だ。札幌ラーメンのルーツは戦後の昭和22年(1947)に二条市場に並んだ屋台にある。その後、舞台はすすきのへと移り、市内各地へと広がった。現在、その提供店舗は1000店を超えるといわれる巨大グルメ市場だ。誰もがお腹を空かせていた時代に、ふたりの名人によって生まれた札幌の「縮れ麺」と「みそ味」。その歴史と伝統の味を守る老舗店、お土産ラーメンのおいしい食べ方まで、札幌ラーメンの古今情報を麺打ちのプロ・西山製麺の達人に聞いた。
藻岩山で札幌の夜景を一望。楽しみ方を紹介
平成23年(2011)12月にリニューアルし、施設も乗り物も装い新たになった「札幌もいわ山ロープウェイ」。絶景以外にも見どころ満載! より面白くなった「藻岩山」の魅力に迫る。標高531メートルの藻岩山は、札幌市のほぼ中央という絶好のエリアにあるため、山頂の展望台から札幌の街並みと自然豊かな景色を、360度見渡すことができる。札幌の夜景はナトリウム灯の街灯が多いために暖色系が強く、藻岩山から望む景色はきらびやかながら温かみを感じられるのが特徴だ。この藻岩山からの夜景は函館山、小樽市の天狗山と並んで「北海道三大夜景」と呼ばれている。札幌の夜景は昨年(2015)に「日本新三大夜景」に選出され、世間をにぎわせた。さらに今年(2016)3月、藻岩山からの夜景は全国の夜景鑑賞士が選ぶ「日本百名月」に認定。札幌の夜景を代表する場所であり、目下、大躍進中の人気スポットなのだ。でも、この山の魅力は夜景のみにあらず。グルメ・山頂の面白施設に至るまで、その満喫法を札幌の展望スポット好き&旅好きの達人にインタビュー。じっくりと時間を使って、札幌指折りのビュースポットを楽しもう。
札幌スイーツ 今、流行の5つの楽しみ方
札幌でケーキやカフェを楽しみたいけど、どこに行けばいいのか分からない。そんな人のために、札幌スイーツ選びを徹底指南。「ケーキを食べる」「デザイン性の高いカフェを訪れる」「コーヒーの名店を楽しむ」。旅の合間の貴重なスイーツタイムを充実したものにするなら、“目的”をしっかりもつのがポイント。北海道のスイーツ事情に明るいフードコーディネーターに、そのコツを聞いた。札幌にスイーツが登場したのは大正10年(1921)のこと。駅前通りと 狸小路商店街の交差点に開店した「千秋庵」がその始まりだ。また、昭和46年(1971)には円山地区に「パールモンドール」がオープン。生地に洋酒を染み込ませ、生クリームを絞り込んだ“大人”な洋菓子「サバラン」を発売、工房・ショーケースをガラス張りにするといった画期的な陳列手法などで人気を獲得し、長く札幌の洋菓子界を引っ張ってきたのが、この店だった。しかし、今や「札幌スイーツ」は種類も、また店舗も非常に数が多い。北海道全域から新鮮な乳製品が届き、函館・十勝地方など各地からスイーツショップも参入しているので、どこへ行けばいいのか迷ってしまう人も多いはず。この記事ではカフェコンシェルジュであり札幌スイーツ&カフェ専門学校講師を務める達人にインタビュー! 「食べる」「空間を楽しむ」「コーヒーを飲む」 といった目的別にスイーツを楽しんで、という達人に、迷わない札幌スイーツ旅の極意を教えてもらった。
ページ先頭へ