北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

たびらい 北海道

実際に見て、泊まって、調査!北海道のいい宿研究会 厳選
宿くらべvol.50

北海道でおすすめの
スキーリゾートホテル3選

いい宿研究会が北海道の宿の中から厳選し、さらにテーマに沿っておすすめの宿を紹介
パウダースノーが満喫できる北海道のスキーリゾートを紹介。スキーだけでなく、トナカイぞりなどのアクティビティや温泉も満喫できる。
1

ウェスティン ルスツリゾート
(旧:ルスツタワー)

北海道
留寿都

温泉やメゾネット客室が魅力の世界的に評価が高いリゾートホテル

  • 栄養価が高いスーパーフードRxを味わえる朝食ブッフェ

  • 総滑走距離42キロ、全37コースのゲレンデが目の前

  • リゾート内ではスノーラフティングや犬ぞりも楽しめる

  • 冷えた体は疲労回復に効果的と評判の温泉で癒やして

  • 全室76平米以上でリビングのあるメゾネットルーム

おすすめポイント!

旅行業界のオスカーと言われる「2016ワールドスキーアワード」で1年以内にオープンした施設を対象とした部門において最優秀賞を受賞。広い客室や温泉露天風呂の他、スキーはもちろんゴルフや遊園地など季節毎に楽しめるのが人気の理由だ。

韮沢 美帆
北海道のいい宿研究会韮沢 美帆

ゲレンデの山頂からは洞爺湖や羊蹄山を見渡せる。全37コース、滑走距離3500メートルのロングコースがあるのも魅力。上級者には自由に技を決められるフリーダムパークが人気だ。また、ゴンドラ4基、リフト14基でゲレンデ内の移動も楽々。

早川 眞澄
北海道のいい宿研究会早川 眞澄
2

ヒルトンニセコビレッジ

北海道
ニセコ

国内屈指のパウダースノーが満喫できる他、スノーアクティビティも充実

  • 14階以上にあり羊蹄山を眺められるデラックスルーム

  • ゴンドラ直結で便利。国内屈指の雪質にファンも多い

  • 滞在中無料でスキーや荷物の預かりが可能な施設がある

  • トナカイぞりやスノーモービルなどアクティビティ充実

  • 疲労回復に効果的と評判の自家源泉かけ流しの湯を堪能

おすすめポイント!

ニセコでは国内屈指のパウダースノーを堪能できる。ゴンドラ直結の便利な立地や宿泊者のみ無料でスキーなどの荷物を預けられる施設があるのも魅力だ。またスキーだけでなく「トナカイぞり」などアクティビティも充実している。

韮沢 美帆
北海道のいい宿研究会韮沢 美帆

ホテル横には日本の町屋をイメージした複合施設ザ・ビレッジがあり、買い物や食事が楽しめる。中でもお酒が楽しめるアジア料理の居酒屋&バー「トゥスティックス」はスキー仲間と楽しむのにおすすめだ。お洒落な店内にはDJもいる。

藤本 昌弘
北海道のいい宿研究会藤本 昌弘
3

新富良野プリンスホテル

北海道
富良野

ゲレンデで遊べるキッズプログラムや子ども向けサービスが充実のホテル

  • 28平米のツインルームは3名まで利用できる

  • ゲレンデが目の前、ロープウェー乗り場も近い好立地

  • 小学生以下はリフト無料、キッズ向けプログラムも充実

  • 露天付きの温泉大浴場には親子専用のシャワーブースも

  • 夕食ブッフェは寿司などの和食の他、洋食や中華も並ぶ

おすすめポイント!

富良野スキー場には初心者から上級者まで楽しめる23本のコースがある。子ども専用のゲレンデもあり、小学生以下はリフト券が無料なるプランがあるのもうれしい。雪中宝探しやスキーワンポイントレッスンなどキッズプログラムも充実。

藤本 昌弘
北海道のいい宿研究会藤本 昌弘

敷地内には買い物やコーヒーを楽しめる施設がある。ホテル横の「チュチュの家」では、表面に焼き目がついた冷たい焼きミルクが人気だ。その他、ショッピンが楽しめる「ニングルテラス」やドラマのロケ地になった「珈琲 森の時計」も。

早川 眞澄
北海道のいい宿研究会早川 眞澄
ページの先頭へ

いい宿研究会とは?

現地に住んでいるスタッフ総勢、15名からなる「いい宿研究会」。実際に泊まったホテルについて議論をくり返し、まるで現地の友人のようにあなたに合ったホテルを提案します。実際に見て、泊まって、調査したからこそ分かる情報や気づきなどをお伝えします。

いい宿研究会メンバー
韮沢 美帆
韮沢 美帆
北海道育ちでキャンプや登山が大好き。
免許が無いので全て電車移動だが、
それも気に入っている。
藤本 昌弘
藤本 昌弘
北海道がとにかく大好き!
年中北海道をかけめぐる。
野望は179市町村を制覇すること!
早川 眞澄
早川 眞澄
生まれも育ちも北海道。
北海道の温泉とご当地グルメが大好き。
各地のマラソン大会に参加しながら北海道内を巡っています。


テーマ別 ホテル選び特集

どのエリアに泊まる?

ページ先頭へ