北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 函館で贅沢に過ごせるおすすめの宿4選
ローカル案内役が選ぶ「推し宿」

函館で贅沢に過ごせる
おすすめの宿4選

スイート仕様の客室や職人が作る夕食会席、エステなど大人贅沢な宿をセレクト。心落ち着く庭園など、何もしないひと時も楽しんで。

1客室展望風呂付きのスイートで上質なひと時が過ごせる

望楼NOGUCHI函館

北海道>函館(湯の川温泉)
  • 夕食は旅情あふれる和の景色を眺めながら楽しめる

  • 季節の食材を使用した鮮やかな料理の数々に心躍る

  • 雄大な函館山や津軽海峡を望む、眺望自慢の展望露天

  • 湯上りは海と夜景を望むスカイサロンで寛いで

スイートは120平米の展望風呂付きのメゾネットタイプ客室で、日中はソファに腰掛けてゆっくりと過ごせるのがうれしい。また源泉かけ流しの客室展望温泉を備えており、函館の街明かりを眺めながら温泉を楽しめるのも魅力のひとつ。

北海道のローカル案内役 韮沢 美帆

夕食では道南をはじめとした近郊の旬の恵みを存分に楽しめる。献立には地名や食材名が並び、まるでお皿の上を旅しているかのよう。味はもちろん、食器の選定や盛り付けにも工夫が感じられ、一品一品の料理が旅を印象付けてくれる。

北海道のローカル案内役 藤本 昌弘

このホテルの楽しみ方・基本情報
2歴史ある湯の川の街に佇む、大正11年創業の老舗旅館

割烹旅館 若松

北海道>函館(湯の川温泉)
  • 風情漂う中庭があるロビーは、心落ち着く空間

  • 二間続きの新館和室は、潮騒を聞きながら眠りにつける

  • 津軽海峡と下北半島を眺めながら、かけ流しの湯に寛ぐ

  • 料理長が仕立てる会席は個室または部屋でゆっくりと

函館の旬味覚をふんだんに盛り込んだ料理に定評がある。献立はその日に仕入れた食材に合わせて決定。温度にも気を配り、ひと品ずつ運んでくれるのもうれしい。割烹を冠した宿名の通り、食事には随所にこだわりの姿勢が感じられる。

北海道のローカル案内役 藤本 昌弘

湯量豊富な自家源泉を贅沢にかけ流す温泉が好評。夏は水平線まで続く海を、冬は情緒ある雪景色を眺めながらじっくり湯浴みを楽しめるのも魅力のひとつ。温泉に浸かって旅の疲れを癒やした後は、和の趣あふれる館内でのんびりと寛いで。

北海道のローカル案内役 早川 眞澄

このホテルの楽しみ方・基本情報
3露天風呂では日本庭園を眺めながら、ホッとひと息

竹葉 新葉亭

北海道>函館(湯の川温泉)
  • 風にそよぐ竹の葉音が耳に心地良い「竹林の湯」

  • 広縁から中庭を見渡せる東館客室は、ゆとりある造り

  • 料理長がこだわり尽くした会席「郷の膳」が人気

  • 夕食と一緒にオリジナルの日本酒を味わうのもおすすめ

男女入れ替え制の「萬葉の湯」と「竹林の湯」は、自然と調和した癒やしの空間。存分に満喫した後は、広々とした客室で何もせず寛ぐのも贅沢な過ごし方のひとつ。館内には丁寧に手入れされた枯山水の庭園もあり、和の趣に心安らぐ。

北海道のローカル案内役 早川 眞澄

地産地消を大切に、旬食材も多数使われる夕食会席が評判だ。中でも人気はキンキを煮付け・塩焼きから選択できる「郷の膳」で、活毛蟹や鮑なども味わうことができる。苦手な食材やアレルギーにも柔軟に対応してくれるので、気軽に相談を。

北海道のローカル案内役 韮沢 美帆

このホテルの楽しみ方・基本情報
4芸術性の高いこだわりの家具が並ぶ、個性派のホテル

ヴィラ・コンコルディア リゾート&スパ

北海道>函館
  • ヤコブセンのエッグチェアなど随所にデザイン家具が

  • 多彩なコースがあるスパで日々の疲れを癒やすのも良い

  • 道南の旬食材を使った、繊細なフレンチディナー

  • 夕・朝食は函館山を望む、雰囲気の良いレストランで

ホテルの佇まいもさることながら、館内も美術館のよう。ロビーはアイラーセンのソファやアーティチョークランプなど北欧のデザイン家具で統一され、インテリア好きにはたまらない空間。協会群がある元町エリアとも雰囲気が良くマッチしている。

北海道のローカル案内役 韮沢 美帆

別荘を意味するヴィラだからこそ、客室は「快適さと心豊かな時間」を追求した造り。インテリアやオーディオなどの細部に至るまでセレクトにこだわりが感じられる。全室から緑溢れる函館山を眺められるのも魅力のひとつ。

北海道のローカル案内役 早川 眞澄

このホテルの楽しみ方・基本情報

この記事を見ている人におすすめホテル情報

この記事を見ている人におすすめ情報



テーマ別 ホテル選び特集

誰と行く?

何にこだわる?

どのエリアに泊まる?

ページ先頭へ