千歳・北広島のホテルランキング、温泉、グルメ、まち歩き情報満載!

【千歳近郊】のホテル
千歳・北広島のホテルランキング、温泉、グルメ
まち歩き情報満載!

たびらいのローカル案内役が千歳近郊のホテルを厳選!
最安値で泊まれる宿、目的別の「推し宿」特集、満足度が高い施設ランキングで紹介。観光スポットの情報もあるので、これを見れば観光コースもすぐ決まる!

更新:2019年4月26日

千歳・北広島のホテルランキング

1st上質な眠りへ導くアメニティや多彩な部屋が魅力

ANAクラウンプラザホテル千歳

アイウォーマーなど快眠をサポートするアメニティがあるホテル。多彩な部屋タイプが魅力で、なかでもおすすめは2017年4月にオープンした新館客室。ナチュラルウッドの落ち着く空間が広がり、リラックスできますよ。朝食ブッフェでは千歳の卵を使ったふわふわの実演オムレツが人気。また、新千歳空港から無料シャトルバスが運行しているので利用してみて。

ローカル案内役 竹内 晴香

  • 住所北海道千歳市北栄2丁目2-1
  • アクセス新千歳空港から車で約15分
  • 駐車場無料/100台
2nd大自然と空を望む、植物性天然温泉が楽しめるリゾート

札幌北広島クラッセホテル

広大な敷地を有し、夏はゴルフ、冬はウインターアクティビティを楽しめます。友人や家族を思いきり遊んだ後は、植物性のモール系温泉で湯ったり。ブラックシリカと天然鉱石の岩盤ミストサウナも利用すれば、入浴後は肌もツルツルです。人気のお取り寄せグルメやオリジナルドレッシングなど、こだわりの品が並ぶ夕・朝食バイキングもお楽しみに。

ローカル案内役 韮沢 美帆

  • 住所北海道北広島市中の沢316-1
  • アクセス新千歳空港から車で約40分
  • 駐車場無料
ホテルの楽しみ方・宿泊プラン           
3rd新千歳空港から車で約10分、2018年6月オープン

ベストウェスタンプラス ホテルフィーノ千歳

2018年6月にオープンした、ベストウェスタンのワンランク上のシリーズ。ニーズの高いダブルルームのほかに、和の居心地の良さを取り込んだジャパニーズスタイルツインや正ベッド4台のフォースルームなど部屋タイプが多彩です。フィットネスジムやランドリーもあるので、連泊の北海道旅行の滞在先としても、おすすめ。

ローカル案内役 藤本 昌弘

  • 住所北海道千歳市千代田町3丁目
  • アクセス新千歳空港から車で約10分
  • 駐車場有料(小型車・普通乗用車1泊800円/税込)
ホテルの楽しみ方・宿泊プラン           
4th空港直結! 滑走路ビューの部屋や温泉も満喫できる

エアターミナルホテル

新千歳空港直結で夜間・早朝便を利用する人におすすめ。シングルからファミリーまで利用できる部屋タイプがあり、飛行機の離着陸を眺められる滑走路ビューの部屋が人気です。また、空港内にある天然温泉施設の入館料が無料になるのもうれしいポイント。内湯や露天風呂、サウナで旅の疲れを癒やして。

ローカル案内役 韮沢 美帆

  • 住所北海道千歳市美々
  • アクセスJR新千歳空港駅直結
  • 駐車場ホテル専用駐車場なし
5th疲れを癒やす大浴場やうれしい無料サービスがいっぱい

ホテルグランテラス千歳

卓球やカラオケなどの遊べる施設やマンガコーナー、コーヒーやお茶漬けなど無料のサービスがあるのがうれしいポイント。足を伸ばしてくつろげる大浴場や無料のマッサージチェアもあるので、移動で疲れた体をリフレッシュしてみてください。炙り焼きやフレンチトーストが並ぶ朝食も要チェックです!

ローカル案内役 藤本 昌弘

  • 住所北海道千歳市本町4丁目4
  • アクセスJR千歳駅から車で約8分
  • 駐車場無料

ローカル案内役が厳選した「推し宿」を紹介!千歳近郊の宿を目的別に探す

千歳近郊巡りに役立つおすすめ観光スポット

千歳エリアを知る

千歳エリアってどんなところ?

人口約9万6000人の千歳市は、国立公園支笏湖をはじめとする緑豊かな自然と清冽な千歳川が流れる街。その昔、アイヌ語では「シコツ(窪地、谷)」と呼ばれており、当時この地に多くの鶴がいたことから、文化2年(1805年)に「鶴は千年、亀は万年」にちなんで「千歳」と命名されました。現在では国際エアカーゴ基地として企業進出と人口増により発展を続けており、住みよい活力ある街としても高い評価を獲得。ビール会社や製菓会社など大手企業の工場が点在していて見学が可能なほか、大型ショッピングモール、豊かな千歳の食材を使ったグルメ店も多数。新千歳空港利用の経由地としてだけでは勿体ない、魅力がいっぱいです。

千歳川のほとりで心安らぐカフェタイム「MEON農苑・ミオンガーデンカフェ」

千歳川のほとりで心安らぐカフェタイム「MEON農苑・ミオンガーデンカフェ」
おいしい食事にやさしい風景。五感で自然を感じられる場所

千歳市にある「MEON(ミオン)農苑」は、支笏湖からの伏流水に恵まれた千歳川のほとり、野鳥のさえずる森の中に立つ人気スポット。水路のある風景が美しい、草花や小果樹が育つ農苑内カフェでは、朝摘みハーブや地元農家からの採れたて食材、四季折々の山菜などを使ったぬくもりある食事を味わうことができます。野菜をたっぷり乗せたフランス・アルザス地方の郷土料理「フラムクーヘン」やオーガニックの自家製ドリンクなどは、女性に特に人気。すがすがしい昼の時間帯はもちろんおすすめですが、陽の強さがやわらぎ木々の陰影でムードが増す夕方もおすすめです。

■MEON農苑・ミオンガーデンカフェ
【住所】北海道千歳市蘭越1625-6
【アクセス】JR千歳駅から車で約15分

「MEON農苑・ミオンガーデンカフェ」を詳しく知る

農園で採れた野菜がそのままアイスやピッツァに! ファームレストラン「花茶」

農園で採れた野菜がそのままアイスやピッツァに! ファームレストラン「花茶」
北海道らしい景色を眺めながら味わうアイスは、格別

新千歳空港から車で約15分、札幌市街から車で約1時間のところにある「花茶(かちゃ)」は、約6ヘクタールもある自社農園で採れた新鮮野菜を使った料理が食べられるファームレストラン。手作りのアイスクリームも有名で、連日盛況の人気店です。手作りアイスクリームは自社農園で採れた旬の野菜や果物、地元泉郷で育った素材が主役。すべて花茶の工房で製造されており、フレッシュな味をその場で楽しめます。栗味かぼちゃを使ったアイスクリームは、甘さとコクがあってファン多数。この味を求めて遠方から訪れる人も多いそう。また、オーナーシェフ自らがイタリアで修行し、現地から取り寄せた石窯で焼き上げるナポリピッツァもおすすめです!

■花茶
【住所】北海道千歳市泉郷479
【アクセス】新千歳空港から車で約15分、札幌市街から車で約1時間

「花茶」を詳しく知る

北広島で発見したフレッシュジェラート「アルトラーチェ」

北広島で発見したフレッシュジェラート「アルトラーチェ」
道産素材や自社農園のフルーツと野菜を使った濃厚ジェラート

北広島市にある「ARTLACZE Gelato&Confections(アルトラーチェ)」は、ジェラートマエストロが監修した、ふわっふわっでなめらかなジェラートが味わえる注目スポット。材料にもこだわっており、函館の低温殺菌牛乳や江別のノンホモジナイズド牛乳にはじまり、生クリームや卵はすべて北海道産のものを使用。フルーツや野菜は、自社農園で育った旬の素材を使っています。ジェラートの他にも、焼き菓子やシュークリーム、プリンなどのスイーツも。誕生日や記念日にぴったりなデコレーションケーキもあります。かわいいパッケージが女性心をくすぐるアーモンドクッキーは、新鮮な北海道産小麦やバター、砂糖など使用した無添加のクッキー。手土産に喜ばれること間違いなしです。

■ARTLACZE Gelato&Confections
【住所】北海道北広島市西の里798-5
【アクセス】JR上野幌駅より車で約5分

素材にこだわる「ARTLACZE Gelato&Confections」

アウトドアもグルメも両方楽しめちゃう「ノーザンホースパーク」

アウトドアもグルメも両方楽しめると人気「ノーザンホースパーク」
毎日行われるポニーショーやふれあいタイムは、子どもたちに人気

新千歳空港からほど近い苫小牧市にある「ノーザンホースパーク」は、広大な敷地の中で緑に囲まれ、さまざまな馬とふれあうことができる場所。観光馬車や引き馬、サイクリング、バルーンアーチェリー、パークゴルフなどアクティビティが充実しており、ポニーショーやふれあいタイムは毎日開催しています。冬には馬そり、スノーラフティング、スノーモービルなども実施。敷地内にはレストランやカフェがあり、地元民にも人気の自家製パンやケーキは必食です。また、18のテーマからなる「K's Garden」は、約1万坪の広さに小川が流れるガーデン。スイセン、バラ、ハギなど多彩な花たちを4月から10月まで見ることができる、大人の庭をコンセプトに作られたガーデンとなっています。

■ノーザンホースパーク
【住所】北海道苫小牧市美沢114-7
【アクセス】千歳市街から車で約20分

ノーザンホースパークを満喫する方法

ハクチョウを探して。 冬の千歳・苫小牧農道ドライブ旅

ハクチョウを探して。 冬の千歳・苫小牧農道ドライブ旅
ハクチョウを絶対見たいという人は、まずは千歳川を散策してみて

越冬のため、10月~4月にかけてシベリアから北海道にやってくる渡り鳥・ハクチョウ。とても優雅なその姿は、想像以上に大きくたくましいものです。渡り鳥のため、その年によって生息する場所が若干異なるようですが、ハクチョウは千歳川で出会えることが多いよう。道の駅「サーモンパーク千歳」の裏手にある川をチェックしてみると良いでしょう。また、新千歳空港周辺の厚真(あつま)・早来(はやきた)エリアには牧場が点在。馬や牛などが寒さに負けず、長閑に暮らす北海道らしい景色も合わせて楽しむと良いでしょう。

■道の駅「サーモンパーク千歳」
【住所】北海道千歳市花園2丁目
【アクセス】札幌中心部から車で約1時間

冬の千歳・苫小牧農道ドライブ旅を満喫する方法

      

冬の一大イベント「支笏湖氷濤まつり」

冬の一大イベント「支笏湖氷濤まつり」
色とりどりにライトアップされる氷のオブジェに感動

千歳市街から車で約30分の支笏湖で、毎年1月下旬~2月中旬にかけて行われる一大イベントが「支笏湖氷濤まつり」です。透明度の高い支笏湖(千歳川)の水をくみ上げて凍らせた氷のオブジェは、不純物が少なく、染色や夜のライトアップがなくとも青く輝くほどで“支笏湖ブルー”とも呼ばれます。オブジェの展示のほかに、氷の回廊やアイススライダーなども登場。期間中の週末には花火大会も行われ、冬の冷えた空気の中で打ち上げられる花火は、美しいのひと言です。地元グルメなども味わえるので、ディープな北海道を楽しむなら、この時期の支笏湖がおすすめ。

■支笏湖氷濤まつり
【住所】北海道千歳市支笏湖温泉
【アクセス】千歳市街から車で約30分

支笏湖氷濤まつりを満喫する方法

千歳周辺のおすすめエリア

今、この宿、見られてます

あわせて読みたい!



テーマ別 ホテル選び特集

誰と行く?

何にこだわる?

どのエリアに泊まる?