北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

朝食が美味しい
北海道ホテルランキング

こだわり食材!新鮮な食材!朝食の評判が高いホテル満載

全国でも評価の高い北海道のホテル朝食。北海道内で朝食が美味しいと人気のホテルを様々な切り口でご紹介します。海鮮や農家直送の野菜を使ったメニューやシェフ自慢のスイーツなど、北海道ホテルで自慢の朝食をお楽しみください。

朝食が美味しい ホテルランキング

北海道在住のスタッフが選んだホテルランキング。業界のプロが選んだホテルがひと目でわかる。
好みの海鮮で作る勝手丼、焼き立てパン、実演のオムレツなど、朝食の評判が高いおすすめのホテルをランキングで比較!

ラビスタ函館ベイ
自分で作る海鮮丼、海鮮炙り焼きなどが味わえる
イクラの醤油漬けや鮪、烏賊、サーモンなど好みのネタで作る海鮮丼やシシャモ、鮭の炙り焼き、松前漬けなど約60品の朝食バイキングは全国的にも人気でメディアでも多数紹介されている。洋食メニューも豊富で道産牛肉たっぷりのビーフシチューや焼き立てパンなども並ぶ。デザートには函館牛乳を使ったホテルオリジナルの濃厚プリンを味わって。
アクセス
ラビスタ函館ベイの地図JR函館駅/車で5分
住所
北海道函館市豊川町12-6

ホテルの楽しみ方・基本情報

札幌グランドホテル
特製のフレンチトーストや野菜しゃぶしゃぶが並ぶ
朝食の洋食・和食バイキングは開放感あるガラス張りのレストランで味わえる。人気の「とうもろこしのフレンチトースト」はホテル特製スープを使用した自慢のメニュー。しっとりとした食感でほんのりとうもろこしの香りが広がるのが特徴。また、北海道産大豆の豆腐には、総料理長特製の「南蛮味噌」を付けるのがおすすめ。デザートには伝統のアップルパイ「ポンム・ド・フィレ」を。
アクセス
札幌グランドホテルの地図1.JR札幌駅 / 徒歩8分 2.地下鉄大通駅 / 徒歩5分
住所
北海道札幌市中央区北1条西4丁目

ホテルの楽しみ方・基本情報

運河の宿 おたる ふる川
竃炊きごはん、しじみ汁などホッとできる朝食
約40品が並ぶ和洋バイキングは和食中心で手作りのホッとできる味が特徴。竃炊きのご飯には網走で水揚げされた大きなしじみの味噌汁がぴったり。また、ニンニクや玉ねぎ、胡麻などに出汁と醤油を加えたオリジナルの「食べるオリーブオイル」は宿泊者から評価が高い。5種類用意される焼き立てパンは、調理長の手作りジャムと一緒に味わって。
アクセス
運河の宿 おたる ふる川の地図JR小樽駅/徒歩約13分
住所
北海道小樽市色内1丁目2-15

ホテルの楽しみ方・基本情報

旭川グランドホテル
実演のオムレツや焼き立てパンが味わえる
こだわりの食材を使用した約60品が並ぶ和洋バイキングではいくらの食べ放題や温野菜などが味わえる。シェフが目の前で作る実演のふわふわオムレツが人気でチーズ、チキン、きのこ、ベーコン&オニオンなど好みのトッピングとソースを選べるのがうれしい。毎朝焼き上げるホテルメイドの豊富なパンには北海道産のジャムをつけるのがおすすめ。
アクセス
旭川グランドホテルの地図JR旭川駅/徒歩約13分
住所
北海道旭川市6条通9丁目

ホテルの楽しみ方・基本情報

ホテル京阪札幌
京風おばんざいや焼き立てパンが並ぶバイキング
朝食は、さつまいものレモン煮や切り干し大根、高野豆腐などあっさりとした上品な味付けが特徴の京風おばんざいなどが並ぶバイキング。肉じゃが、ゆず大根の漬物などご飯がすすむメニューもある。洋食メニューもあり、フランスから輸入した生地を使い料理長が毎朝焼き上げるクロワッサンなどの焼き立てパンは、トマトやパンプキン、白ぶどなどの富良野ジャムと一緒に味わって。
アクセス
ホテル京阪札幌の地図JR札幌駅(西出口) / 徒歩4分
住所
北海道札幌市北区北6条西6丁目1-9

ホテルの楽しみ方・基本情報

注目のコンテンツ

北海度周辺のおすすめ観光情報、楽しみ方を提案

JR札幌駅エリア・JRタワーの楽しみ方を徹底ガイド!
札幌市の中心部に位置し、道内の交通の拠点でもあるJR札幌駅。平成15年(2003)に駅周辺の再開発事業によって駅ビル「JRタワー」が誕生し、今や一大ショッピングゾーンに! 地元では「サツエキ」の愛称で親しまれる札幌駅エリアで、ショッピングやグルメを思い切り楽しもう。人口190万を上回る北海道最大の都市・札幌の中でも、人気の商業施設が集中する札幌駅。平成25年(2013)に開業10周年を迎えたJRタワー「アピア」「エスタ」「パセオ」「札幌ステラプレイス」の4つのショッピングセンターと、百貨店「大丸札幌店」、さらに「JRタワーホテル日航札幌」が駅に直結している。「さっぽろ東急百貨店」や駅西側の「JR 55 SAPPORO」、JR高架下「サツエキBridge」などの商業施設もすぐ近く。駅舎内にも飲食店やショップ、観光案内所などが並び、毎日多くの利用客で賑わっている。
夜デートにも最適!札幌夜景の魅力
札幌夜景の魅力は何といっても光の量が多いこと。光り輝く夜景は多くの人が生活している札幌だから見られるもの。今回は素敵な夜景が見られるスポットを大紹介!札幌周辺は夜景の穴場スポットが多い。人々の生活によって生み出される都市夜景は毎晩宝石のように輝いている。デートで行けば「綺麗な夜景だね!」と会話が弾むこと間違い無し。旅先の夜景という非日常の特別な空間を共有することは、二人だけの秘密を共有するようなドキドキ感があるのだ。 旅先での夜景デートは女性なら一度は憧れるはず。そんな札幌夜景の楽しみ方について達人に話をうかがってみた。
定山渓観光 札幌の奥座敷の楽しみ方
江戸末期の開湯で、古くから温泉地として親しまれている定山渓。実は温泉以外にも、自然を生かしたアクティビティや絶景、グルメなど魅力的なスポットが多数ある。知れば知るほど奥深い、定山渓の楽しみ方とは?札幌中心部から車で約50分。そびえたつ渓谷と深い森に囲まれた「定山渓」は、札幌の奥座敷として知られる人気温泉郷だ。その歴史は古く、幕末の慶応2年(1866)、備前(岡山県)出身の修験僧・美泉定山が、土地のアイヌの案内で湧き出でる泉源と出合ったのが始まり。定山渓観光といえばその名湯を楽しむのが定番だが、自然を舞台に遊ぶアクティビティや果物狩り、そして湯の町グルメなど、実は温泉以外の魅力もたっぷりとある。さらには、季節ごとにさまざまなイベントが開催され、秋には渓谷を彩る錦秋絵巻を楽しむことも。
小樽運河の見どころと楽しみ方を徹底ガイド
小樽運河は、ただ眺めて楽しむだけの観光スポットではない。小樽運河は「港町・小樽」の記憶を現在に伝える場所。周囲に点在する歴史的建造物を見学しながら、そのノスタルジックな雰囲気を味わうエリアなのだ。小樽運河の観光を楽しむために立ち寄るべき場所、そして小樽運河へ行く前に知っておいてほしい歴史を“小樽運河の達人”が紹介する。札幌駅から快速列車で30分あまりの港町・小樽市は人口およそ12万5000人(道内第7位)。早くから商業都市として発展し、明治から大正中期にかけては札幌を凌ぐ人口を抱えていた。その繁栄を支えたのが小樽港であり、運河だったのである。北海道への上陸地のひとつとして、また物資の運搬や交易の拠点として機能していた小樽。当時は荷物を積んだたくさんの艀(はしけ※船幅が広く平底の小舟)が運河を出入りしていた。しかし、世界の港湾では、艀を使わずに大型船が直接接岸する“埠頭方式”が主流となっていく。昭和40年代には、小樽からも艀が完全に姿を消した。今でこそ全国区の知名度を誇る小樽運河だが、この当時は、地元住民以外にはほとんど知られていない“当たり前の街の景色”だった。
函館ベイエリア 定番スポットから穴場まで
ベイエリアは、函館港に沿って倉庫群が建ち並ぶ、函館の定番観光スポット。ショッピングやグルメはもちろん、明治期の函館の雰囲気を感じる歴史的な楽しみ方もできる。初めて訪れる人にもうれしい定番観光地の情報から知る人ぞ知る穴場の観光地情報まで、函館ベイエリアの魅力を、観光ガイドとして20年以上のキャリアをもつ達人の視点から紹介する。函館観光のメインスポットのひとつ・ベイエリア。このエリアを代表する景観といえば、レンガ造りの倉庫群が有名。明治時代に活躍していた倉庫で、現在はレストランやショッピングモールとなっている。海を間近に倉庫群が並ぶノスタルジーな景観は、「ミシュラン・グリーン・ガイド・ジャポン」でも紹介。「函館港の散策」としてひとつ星を獲得している。ベイエリアは、潮風を感じながら函館の歴史に触れ、ショッピングやグルメも楽しめる観光スポットだ。
幕末ロマンに想いをはせる「五稜郭」おすすめの楽しみ方を紹介
五稜郭」は、函館市民に親しまれている憩いの場。しかしこの場所は、日本各地が戦場となった戊辰戦争の最終局面「箱館戦争」が終息した場所でもある。開国から幕末動乱に至るまで激動の時代を見守った「五稜郭」。幕末ロマンに想いをはせる、達人おすすめの楽しみ方を紹介。五稜郭」の歴史は江戸時代末期から始まる。ペリーの来航により開国をすることとなった江戸幕府は、諸外国の脅威に対する北方警備の要として「五稜郭」を築造した。特徴的な星形の城郭は、蘭学者の武田斐三郎が箱館(現在の函館)に入港したフランス軍艦の将官から教授されたヨーロッパの城塞技術に、日本の築城技術を加えて設計したもの。江戸幕府崩壊後は旧幕府脱走軍が五稜郭を制圧。箱館戦争の中心地となった。大正3年(1914)には公園として市民に一般開放され、昭和27年(1952)には北海道で唯一の国指定の特別史跡として認定された。
富良野ラベンダー観光のめぐり方を紹介
富良野でラベンダーを楽しみたい!という旅行者は多いもの。しかし、 ひとくちに「ふらの」と言っても、富良野市・中富良野町・上富良野町と隣接する3つの街があり、ラベンダー園も各地に多数。ラベンダー園ごとに楽しめる内容も異なるので、一カ所だけではなく複数をめぐるべき。中富良野町で生まれ、富良野エリアで育ち、現在は上富良野町で働く達人が、おすすめの行き先やめぐり方を紹介する。富良野のラベンダーは、もともと化粧品や香水の香料抽出のために昭和27年(1952)から栽培されていた。昭和45年ごろにはラベンダーの栽培面積が230ヘクタール(東京ドーム49個分)に達するなど、最盛期を迎える。しかし輸入香料が台頭しはじめると、ほとんどのラベンダー畑が姿を消すなど、急激に衰退。しかしその後、富良野エリアのラベンダー畑が国鉄のカレンダーで紹介されたことにより、多くの見物客が訪れるようになった。それをきっかけにラベンダー園が再び増え始め、現在では北海道を代表する観光地となった。
登別温泉 北海道を代表する名湯の楽しみ方
「登別温泉」は、江戸時代から市民に愛され続けている北海道の屈指の温泉地。温泉入浴を楽しむ以外にも、地面から水蒸気や火山ガスが噴出する「地獄谷」など、観光スポットも多数ある。そんな登別温泉の楽しみ方を紹介。江戸時代から存在が知られていた登別温泉。明治時代に温泉宿が設けられてからは、北海道を代表する保養地・観光地の一つとなった。登別という地名は、アイヌ語で(水色の濃い川)を意味する「ヌプル・ペツ」という言葉から。温泉の成分が流れ込んだ、水色の川を表現した地名である。登別温泉街の北東に位置する地獄谷は、1万年近く前にあった笠山が爆発してできた爆裂火口跡。噴気孔や湧出孔があり、多種類の温泉が毎分3000リットルも湧出し、登別温泉の約4分の3の源泉地である。地獄谷に一歩足を踏み入れると、もうもうと立ち上がる熱湯や水蒸気そして火山ガスが噴出し、あたり一帯には硫黄の臭いが漂う。地獄谷は平成16年(2004)北海道遺産に選定された場所でもある。
ページ先頭へ