北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

たびらい 北海道

北海道ホテル予約

雪室越冬貯蔵じゃが芋

雪室で寝かした十勝産のジャガイモを毎朝蒸し上げる

雪室越冬貯蔵じゃが芋イメージ
素材の良さをいかした蒸しイモで食べる


十勝芽室町森浦農場直送の「雪室越冬貯蔵じゃが芋」。長いもので1年~2年間、雪室(雪を詰めた貯蔵庫)に貯蔵したもので、そうすることでデンプン質が糖質に変わり甘みが増すという。

「もちろん取れたてもおいしいけど、雪室で冬を越したジャガイモは旨味が全然違う。特に森浦農場は雪室貯蔵を最初に始めたところで、ジャガイモは抜群にうまい」と話すのはシェフの李澤浩二さん。毎朝レストランのオープン直前に蒸し上げるので、旨味がつまったホクホクのジャガイモを楽しむことができる。
北海道の恵みをシンプルに感じることのできる一品だ。

【カフェレストラン パルテール】
■場所
ホテル2階

■朝食営業時間
6時30分~9時30分

■料金
大人1600円、子ども(5歳~12歳)1188円(税込)


更新日/2013年02月28日

コメント
ページ先頭へ