概要および会場 アパホテル<札幌すすきの駅前> - たびらい北海道

北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

概要および会場

店長の齋藤光枝さんイメージ
笑顔が素敵な店長の齋藤光枝さん


市場から直送の新鮮な刺し身と8種の海鮮珍味を中心に、約50種の料理が並ぶバイキングスタイルの朝食。ホテル地下1階にあり、札幌市内で海鮮居酒屋と魚屋を経営する「鮮魚かなざわ」が運営する朝食会場で食べる。

 「魚屋の朝食」をコンセプトに、「鮮魚かなざわ」の金澤範幸社長が毎朝、札幌市中央卸売市場に出向いて魚を仕入れている。

海鮮丼イメージ
新鮮な海鮮丼が楽しめる


刺し身はサーモン、ホタテなど旬に合わせて4種~6種類。海鮮珍味も函館の塩辛、松前漬け、道内産タラコなど入れ替わりで常に8種類が並ぶ。自分の好みの刺し身と海鮮珍味を合わせてつくる海鮮勝手丼も人気がある。ホタテの稚貝のみそ汁、あさり汁などもあり、魚屋だからこそ楽しめるメニューが勢ぞろいだ。

 店長の齋藤光枝さんは、「おいしいと言ってもらえることが何よりもうれしい。朝食は一日の始まり。朝から元気になってもらえるように魚屋らしい明るい元気な接客をこころがけている」と素敵な笑顔で話してくれた。

【鮮魚かなざわ】
朝食/7時~9時30分/1365円

更新日/2013年02月28日

ページ先頭へ