山形の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. たびらい  > 
  2. レンタカー予約  > 
  3. 山形レンタカー
出発場所を選択してください。 返却場所を選択してください。 ▼駅から探す ▼空港から探す ▼港から探す ▼エリアから探す 出発場所を選択してください。 返却場所を選択してください。 【出発日】先の日時を選んでください 【返却日】先の日時を選んでください 検索条件を確認してください。 返却日時は出発日時より先に設定してください 【ご利用開始日】または【ご返却日】は存在しない日付です

レンタカー検索・比較・予約

出発日

返却日

出発場所

返却場所


車両タイプ
禁煙/喫煙

  • 週末・大型連休は品切れ必須!たびらいレンタカーで大手レンタカー会社の商品を先取り予約!
  • レンタカーで、ローカル体験に出かけよう
  • 初心者必見!レンタカー基本ガイド
  • (メイン)累計予約数100万件以上突破
  • 週末・大型連休は品切れ必須!
  • レンタカーでローカル体験に出かけよう
  • 初心者必見!レンタカー基本ガイド
  • (サブ)累計予約数100万件以上突破

車種別レンタカー最安値情報

軽クラス
4,200~
小型クラス
4,400~
中・大型クラス
5,500~
ワゴンクラス
6,372~
エコカークラス
5,500~

山形出発 人気のレンタカー貸出場所ランキング

  • 山形駅周辺の写真 山形駅

    蔵王温泉へ行くなら山形駅から

    山形駅は、山形県を代表するターミナル駅です。山形新幹線の停車駅で、他県から山形県へ訪れる観光客やビジネスマンが利用しています。

    山形市内を観光するなら、山形駅周辺でレンタカーを借りると移動が便利。駅改札を出て左にすすみ、自由通路右側階段の下にレンタカーの営業所があるほか、東口から出たところにもいくつかレンタカーの営業所が点在しています。

    山形駅の最寄りのインターチェンジは、山形蔵王ICです。奥羽三高湯の1つでスキー場もある蔵王温泉へは、県道16号線を北東に進み、県道53号線、蔵王ラインを経由して約30分で到着します。冬は夜間運行も行われている蔵王ロープウェイに乗ると、スノーモンスターとも呼ばれる樹氷を望むこともできるので、ぜひ一度訪れてみてください。

    山形駅でレンタカーをかり、蔵王温泉や観光地を巡った後、帰りは飛行機を利用される方も多いのでは?実は山形空港や庄内空港で乗り捨てを行うことができるんです!乗り捨てを行うことでより旅を満喫できるはず。希望の営業所を指定予約して乗り捨てサービスをご利用ください。

  • 山形空港周辺の写真 山形空港

    山形県を代表する空の玄関口

    山形空港は、山形県を代表する空の玄関口です。山形と東京、大阪、名古屋を往復する定期便が運航していて、空港内にあるレストランやお土産屋さんで山形の名産を堪能することができます。

    山形県内を観光するなら、山形空港でレンタカーを手配しておくと各観光地へのアクセスがしやすくなります。あらかじめ予約をしておくか、予約をしていなくても1階のチケットカウンターの横にあるレンタカーの案内所で手配してもらえます。

    山形県の有名な観光地と言えば蔵王温泉。山形空港から蔵王温泉までは、東北中央自動車道と県道21号線を南下して約40分ほどかかります。蔵王温泉の周辺ではロープウェイに乗って季節の景色を楽しんだり、スキーを楽しむことができます。

    山形空港で借りたレンタカーは乗り捨てサービスを利用することでお近くの営業所へ乗り捨てが可能。もちろん山形駅周辺の営業所でも乗り捨てを行えます。さまざまな場所で返却できる乗り捨てサービスはとても便利です。ぜひご活用ください。

  • 庄内空港周辺の写真 庄内空港

    山形の日本海側を旅するときに便利な庄内空港

    東京と山形をつなぐ空の玄関口として利用されている庄内空港は、「おいしい庄内空港」という愛称でも親しまれています。山形空港は宮城県側にありますが、庄内空港は日本海側にありますので、酒田市や鶴岡市など山形県の海側を旅したい場合は庄内空港を利用すると便利です。

    庄内空港周辺は鉄道が充実していないので、観光に訪れるならレンタカーを借りなくてはいけません。1階の到着ロビーにあるレンタカーターミナルへの専用電話から電話をすると、送迎車でレンタカーの営業所まで送迎してもらえます。

    庄内空港から観光に出かけるなら、国道112号線を北上し、さかた海鮮市場や旧青山本邸などに立ち寄りながら鳥海温泉へ向かうドライブコースが人気ですよ。

    庄内空港から出発した後は、返却日の予定に合わせて乗り捨てを行うことも可能。別の場所で乗り捨てができるサービスはとても便利。旅行旅程にあわせて乗り捨てを行う方も多くいらっしゃいます。旅程に合わせて出発地と返却地を使い分けてみてください。