日本各地の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

たびらい

子どもと一緒に北海道旅行!

レンタカー利用時のチャイルドシートに関するお悩み解決Q&A

親はいつだって子供が大切!「あの景色を見せてあげたい」「飛行機に乗せてあげたい」「おじいちゃんやおばあちゃんに会わせたい」色々な想いがあって今回の旅行を検討しているはず。そんな時、ふとした疑問が湧くはず・・・「レンタカーでもチャイルドシートっているのかな?」「料金はかかるの??」「どうやって申し込めばいいの?」そんな質問にぜーんぶお答えしちゃいます!

下記から読みたい質問をクリックしてください

Q1…レンタカー利用時のチャイルドシートは必要ですか?
6歳未満の幼児は、法律でチャイルドシートの使用が義務付けられています。(生後~5歳までのお子様は必須)たびらいに掲載しているレンタカー会社はすべてご用意しておりますので、「詳細確認」ページで選択し、予約へ進んでください。 チャイルドシートの選択方法
Q2…チャイルドシートの種類を教えてください。
チャイルドシートはお子様の成長段階に合わせ、大きく3種類のタイプにわかれます。
(1)ベビーシート(乳児用)・・・・体重10kg未満、新生児から1歳くらい
(2)チャイルドシート(幼児用)・・体重9から18kg以下、1から4歳くらい
(3)ジュニアシート(学童用)・・・体重15から36kg以下、4から10歳くらい
チャイルドシートは3種類のタイプ
Q3…子供が6歳以上ですが希望はできますか?
はい、可能です。法律では6歳未満のお子様が必須ですが、安全性などから10歳くらいまでは使用が推奨されています。
Q4…車のタイプによって複数チャイルドシートを取り付けできない場合は、レンタカーを利用できませんか?
全員がシートベルトやチャイルドシートを使うことが安全を確保するための最低条件です。しかし、現実には幼児全員にチャイルドシートを使おうとすると全員が車に乗りきれなくなる場合があります。その場合には最大限取り付け可能な数のチャイルドシートを使用すれば問題ありません。
Q5…空港などからレンタカー営業所まで送迎を利用する場合、送迎バスでは必要ありませんか?
バスやタクシーは利用者が直前までわからないため、使用義務を免除されています。
Q6…取り付け位置を希望することはできますか?
希望することは可能です。予約時に備考欄へその旨をお伝え下さい。一般的には安全上後部座席が推奨され、助手席はエアバッグなどの観点から避けることをおすすめします。(何も希望しなければレンタカー会社の適切な判断で設置されます)
Q7…自前のチャイルドシートを持ち込むことは可能ですか?
可能です。詳細ページではチャイルドシートを選択せず、ご予約を完了後、予約情報ボックスでその旨をお伝えください。
Q8…料金はかかりますか?
レンタカー会社によって異なりますので、下記2016年2月22日現在の料金表をご覧ください。
たびらい北海道では、たびらい北海道限定でチャイルドシートを無料特典にしているレンタカー会社もありますので、予約の参考にしてください。
※予告なく料金が変更となることもありますので、最新の料金は商品詳細ページでご確認ください。
     
     
トヨタレンタカー 有料 540円/台
ホンダレンタリース北海道 有料 1000円/台
タイムズカーレンタル 有料 540円/台
オリックスレンタカー 無料  
ホンダオートレンタカー 有料 1080円/台
マルゼンレンタカー 無料  
ホンダレンタカー 無料  
日産レンタカー 無料  
ニッポンレンタカー 有料 540円/台
バジェットレンタカー 有料 1080円/台
ファミリーレンタカー 有料 540円/台

それでは、お子様と楽しい北海道旅行を!