潮風と異文化を感じるドライブ ~西海岸の風を浴びながら、琉球や外国の文化に触れる~

潮風と異文化を感じるドライブ~西海岸の風を浴びながら、琉球や外国の文化に触れる~

国道58号線を北上。
読谷村にある焼物のメッカやちむんの里を見学、古城も訪れる。
少し遠回りして車窓からの海の風景も楽しみつつ、道の駅かでなへ。
米軍嘉手納基地を見学した後、外国文化の香る沖縄市へ向かい、散策と食事、そしてショッピングを楽しむ。
文/今野雅生・写真/今野雅生、宮田けい

コース概要
走行距離
片道・約63キロ
走行時間
片道・約2時間10分
有料道路料金
0円
ベストシーズン
マップコードで簡単カーナビ設定

START 那覇空港

33 123 249*81
那覇空港

レンタカー案内所は空港1階到着口にあり、車で10分程度の圏内には多数ある。
空港の到着ロビーを出ると各レンタカー会社のシャトルバスが待機していて、それに乗って営業所まで行き、手続をして借り出すというシステム。
返却も同じ営業所で行い、シャトルバスが空港まで送ってくれる。
軽自動車からワゴンまで、あらゆる車種がそろう。

那覇空港エリアのレンタカーを探す

次のスポットへ
ルート
国道58号線
距離・所要時間
約33キロ、約1時間

1 やちむんの里

33 855 410*55
やちむんの里

やちむんとは沖縄の言葉で「焼き物」のこと。
「やちむんの里」は陶芸家の工房が集まってできた芸術の香りあふれる集落だ。
陶芸作品の制作風景を見学したり、作品を購入したり、作品を器にして食事をしたりと陶芸好きなら一度は訪れておきたい場所。
ここをゆっくり散策していると、時間を忘れて気持ちまで落ち着いてくるのが不思議。
やちむんの里のシンボルともいえる登り窯を目指そう。

読谷村焼の外観

やちむんの里入り口の駐車場に車を止め、歩いて工房めぐりをするのがおすすめ。
歩きながら自分の好みにあった窯を見つけるのも楽しいだろう。
目的の窯がはっきりしている時は、案内板があるので、場所を確認してから行くとよい。

内観と複数の陶器

おしゃれなギャラリーやカフェもあるが、駐車場に車を止めて歩き始めるとすぐ見えてくるのが琉球ガラスの名工稲嶺盛吉氏の「宙吹ガラス工房虹」。
さらに歩いて里の奥までいくと、ギャラリー、工房、喫茶といろいろあり、すべてのぞいてみたい衝動に駆られる。

料金
無料
住所
読谷村座喜味2653-1
電話
098-958-6494(読谷村観光協会)
営業時間
9時~18時/無休(工房により異なる)
駐車場
あり(無料)
次のスポットへ
ルート
県道12号線
距離・所要時間
約3キロ、約10分

2 座喜味城跡

33 854 277*11
座喜味城跡

15世紀の初めごろ読谷山の按司(あじ)護佐丸(ごさまる)が築城したといわれている城。
首里城跡などとともに「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産にも登録されている。
公園として整備されていて広い駐車場もあり、近くには売店もある。
観覧料は無料。
県道12号線から少し入るが、案内板が出ているので、比較的迷うことなくたどり着けるだろう。

座喜味城跡と人

入口から城門までの散策道は美しい松の並木が囲んで、強い日差しを和らげてくれる。
木の間からのぞく美しいアーチ状の城門入口は座喜味城をシンボリックに浮き立たせている。
城全体がバランスの良い形をしており沖縄の城の中でも美しさで秀でている。

ユンタンザミュージアム外観

座喜味城跡入口門に向かってすぐ右手には世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアムがあり、城跡に関連する各種資料を閲覧することができる。
その反対側には茅葺きの高倉も展示されている。
全体的にきれいな公園になっているので、遊歩道に沿って散策するのもおすすめ。

料金
無料
住所
読谷村座喜味708-6
電話
【読谷村立歴史民俗資料館】098-958-3141
営業時間
24時間営業
【世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム】
利用時間:9時~18時(入館は17時まで)
休館日:水曜日
駐車場
あり(無料)
次のスポットへ
ルート
県道6号線、国道58号線
距離・所要時間
約19キロ、約35分
残波岬

絶景ポイント 残波岬

県道12号線から県道6号線に入り、さとうきびに囲まれた道を北へ走ると白い灯台が見えてくる。
その一帯が東シナ海に向かって突き出した残波岬で、30メートルほどの高さの断崖が約2キロに渡って続く景勝地。

3 道の駅かでな

33 708 603*42
道の駅かでな

2003年4月オープンの道の駅。
米軍嘉手納飛行場に隣接しており、休憩室、トイレ、特産品売り場、農産物即売所、レストランなどが入っている。
昔はここに「ロータリードライブイン」というレストランがあり、ここのハンバーガーは「世界一美味い」と言う人もいるほど人気があった。
今は「UP-KITTY」と言う名前に変わり、この道の駅内に入居。
もちろん人気のハンバーガーも味わえる。

米軍嘉手納飛行場と望遠鏡をのぞく女性

屋上の展望台からは極東最大の空軍基地嘉手納飛行場が一望でき、大きな望遠カメラを持った報道関係者か、もしくはアマチュアカメランマンを2~3人は必ず見かけることができる。
米軍機の離着陸はもちろん、戦闘機を洗う珍しいシーンが見られることも。

野国いものソフトクリームと女性

名物のひとつが野国いものソフトクリーム。
このいもは1605年に中国から琉球に渡ってきて、その後薩摩から日本中に広まった。
つまり野国いもはさつまいものルーツともいえる。
品種改良を重ねた野国いもで作ったソフトクリームは濃厚な香りと上品な甘さが特徴。

料金
無料
住所
嘉手納町屋良1026-3
電話
098-957-5678
営業時間
9時~18時
駐車場
あり(無料)
次のスポットへ
ルート
県道74号線、県道85号線
距離・所要時間
約6キロ、約11分

4 沖縄市ゲート通り

33 591 750*22
沖縄市ゲート通り

嘉手納基地の出入り口と直結しているため、アメリカ人でにぎわうストリート。
ウィークエンドの夜ともなると、ライブハウスやクラブをはしごしてまわるアメリカ人でいっぱいになり、「ここは日本か?」と思ってしまうほどインターナショナルな雰囲気になる。
レベルが高く、個性的なライブハウスが多いので、色々なお店をまわってコザロックを堪能してはどうだろう。

車道と複数の店舗

昼の顔と夜の顔がこれほど違う通りも珍しいのではないかと思われる。
昼間は広い車道が行き交う車でいっぱいになるが、夜はライブハウスとクラブに出入りするアメリカ人で歩道がいっぱいになる。
ライブハウスも平日は休みの所が多いので調べてから行きたい。

ミュージックタウン音市場外観

通りの端、胡屋十字路の角には「ミュージックタウン音市場」があり、音楽の街「コザ」を象徴する施設となっている。
3階にライブホールも入っているほか、1階の音広場では定期的にライブやイベントをやっていて、無料で楽しむことができる。

住所
沖縄市上地と同市中央
駐車場
なし(近場のコインパーキングを利用)
次のスポットへ
ルート
県道20号線、保健所通り、パークアベニュー通り
距離・所要時間
約0.5キロ、約1分

5 チャーリー多幸寿

33 157 182*73
チャーリー多幸寿

1956年創業の老舗。
沖縄県民には広く知れ渡っている超有名店で、タコスと言えば「チャーリー多幸寿」といわれるほどの名店だ。
沖縄市のショッピングモール「中央パークアベニュー」(一方通行)を一番奥まで行くと右手にあり、ネオンの看板がキラキラと目立っているので、一目でそれとわかる。
通りの裏にコインパーキングがあるのでそこに車を停めて歩いていくのがおすすめ。

タコライスとタコス

タコスの定番は3個セット。
柔らかめのトルティーヤにたっぷり野菜とチーズ、そしてミート。オリジナルサルサソースで、チャーリー伝統の味が満喫できる。
さらに、近年は学校給食でも出されるようになったタコライスも想定を上回るおいしさで人気がある。

チャーリー多幸寿を指さす女性

外観はアメリカ、メキシコ、沖縄、日本が入り交じった様相。
店内は、アメリカンテイスト満載での壁には有名人の写真やサインがところ狭しと貼られている。
このチャンプルーなコザっぽさが地元の人から観光客、老若男女、あらゆる人に愛される理由かも。

料金
タコス3個で650円
住所
沖縄市中央4-11-5
電話
098-937-4627
営業時間
11時〜21時/木曜休(祝日の場合は営業)
駐車場
なし(近場のコインパーキングを利用)
次のスポットへ
ルート
国道330号線
距離・所要時間
約3キロ、約8分

GOAL プラザハウスショッピングセンター

33 530 825*56
プラザハウスショッピングセンター

国道330号線の胡屋十字路から普天間方向へ2キロほど走ると、左手にオレンジ色の「プラザハウス」の看板が見えてくる。
右手は最近新築移転した沖縄警察署。
もともとアメリカ人専用の施設だったプラザハウスは沖縄でも老舗のショッピングセンターで、(米軍統治期間も日本であったと考えれば)日本初のショッピングセンターともいわれる。
今でも異国の情緒漂うのが特徴だ。

プラザハウスショッピングセンター内観

3階建てのモール内には、ファッションからレストランまで専門店が充実している。
1階奥にはスーパーマーケット(タウンプラザかねひで)も入っているのでちょっとした日用品もここで買うことができる。

観葉植物の置いてある休憩所

もともと沖縄に住む米軍関係者のニーズを満たすためにできたショッピングセンター。
その後地元民にも開放されるようになったが、それでも国際的な雰囲気は今も残っている。
沖縄であって沖縄でないような独特な趣が味わえる、貴重なスポットといえる。

住所
沖縄市久保田3-1-12
電話
098-932-4480
営業時間
10時〜20時(ショップによって違いあり)/不定休
駐車場
あり(無料)

おすすめ!古宇利の海と地産食材を満喫する

沖縄の伝統と現在に触れるドライブ

東シナ海側から太平洋側に移りつつ北上。
沖縄の伝統的染色を体験できる「紅型キジムナー工房」でオリジナルアイテムを作成。
沖縄ならではの「ナゴパイナップルパーク」」で遊んだ後は、絶景の古宇利大橋を渡って「古宇利島」へ。
「古宇利オーシャンタワー」で潮風と青い海に癒され、地産食材を使ったランチを楽しむ。
素朴なパワースポット「備瀬のフクギ並木道」を歩いた後は、いざ、「沖縄美ら海水族館」へ。

レンタカーおすすめ情報

  • 日本各地のおすすめドライブコース
  • レンタカーで、ローカル体験に出かけよう
  • 休業補償オプション販売中
  • 基本情報ガイド
  • スタッドレスタイヤ付きレンタカーを借りて、冬ドライブを安心・安全に楽しもう!
  • LINE@で予約情報を簡単チェック!
  • レンタカーでチャイルドシート 料金・借り方の疑問解決!
  • ETCカード レンタルオプション販売中