ベイエリアから桜島に接近&上陸~桜島の大地のパワーを間近で体感~

ベイエリアから桜島に接近&上陸 ~桜島の大地のパワーを間近で体感~

青く穏やかな錦江湾に浮かび、毎日のように噴煙を上げる桜島は、日本ジオパークに認定された島。
その美しさとパワーにふれるドライブルートを行く。
対岸から、そして裾野から見上げる山にはまったく別の表情が見られ、地球の鼓動を肌で感じることができる。
文/前田真理

コース概要
走行距離
片道・約38km
走行時間
片道・約1時間36分
有料道路料金
片道・1,600円(フェリー自動車航送運賃代)
ベストシーズン
マップコードで簡単カーナビ設定

START JR鹿児島中央駅

393 575 576*75
JR鹿児島中央駅

日本最南端の新幹線停車駅であり、鹿児島市に位置する。
徒歩10分圏内に各社レンタカー営業所がある。
営業所で手続をして借り出し、返却は同じ営業所または別の営業所で行う。
軽自動車からワゴン、エコカーまであらゆる車種が揃う。

鹿児島中央駅エリアのレンタカーを探す  

次のスポットへ
ルート
国道3号線、国道10号線
距離・所要時間
約4km、約13分

1 いおワールド かごしま水族館

42 038 091*87
いおワールド かごしま水族館

錦江湾を目の前に桜島を望む水族館。
鹿児島近海と南西諸島一帯の生き物を中心に、およそ500種3万点の生物を展示。
世界一大きい魚のジンベエザメがゆったりと泳ぐさまや、火山とともにある海ならではの珍しい生き物を、大小さまざまな水槽で見ることができる。
毎日先着15名限定のガイドツアーや体験型プログラムも充実し、子どもから大人まで楽しむことができる。

水槽を眺める家族

「できるだけ鹿児島の海のそのままの風景を再現したい」との思いから、水族館スタッフが頻繁に海に潜って日々、海中の観察や研究を進めている。
目の前の海底に広がる神秘的で美しい世界を感じることができる。

イルカショー

平成25(2013)年4月から、水族館から錦江湾につながる屋外のイルカ水路でイルカのジャンプが見られるようになった。
トレーナーが食事や訓練の様子などを解説付きで案内してくれる。1日3回、無料。

料金
入館料:大人(高校生以上)1,500円、小人(小・中学生)750円、幼児(4歳以上)
住所
鹿児島県鹿児島市本港新町3-1
電話
099-226-2233
営業時間
営業時間:9:30~18:00(入館受付17:00まで)
休館日:12月の第1月曜日から4日間
※年末・年始は通常通り営業。
駐車場
あり(有料)
1時間まで無料(1時間を超えると1時間毎に200円)
次のスポットへ
ルート
一般道
距離・所要時間
約1.5㎞、約6分

2 桜島フェリー

42 037 173*10
桜島フェリー

鹿児島市街地から桜島まではフェリーで移動。
はじめて訪れた人が「ここは湖?」と見間違うほどに穏やかな海を船は進む。
地元の人にとって生活の足でもあるこのフェリーは、錦江湾を横断するわずか3.4km、約15分の船旅ながら、迫りくる桜島、離れゆく鹿児島市街地を眺めながら、海上を進むたびに旅の気分はぐ~んと盛り上がる。
日中は最短15分間隔、深夜は30分間隔で、24時間運航している。

クルーズ船

海からの景色も楽しみ。
錦江湾をもっと堪能するなら「よりみちクルーズ船」を。
毎日11時10分発、約50分間の乗船で「鹿児島港→神瀬→大正溶岩原沖→桜島港」のルートを、観光案内を聞きながらめぐる。
運賃は大人500円(車両運賃別)。

桜島フェリー名物のうどん

桜島フェリー名物といえば、うどん。人気の大衆食堂だった「やぶ金」が、昭和56(1981)年から変わらぬ味を提供。
すっきりとしたダシには7種類の魚の削り節をブレンド。
短い時間でも「食べたい!」との客の要望に応えるべく、麺は柔らかめでスタンバイ。

料金
普通旅客運賃:大人(中学生以上)160円
自動車航送運賃:車両(4~5m未満)1,600円
※運転手一人の運賃含む
住所
鹿児島県鹿児島市本港新町4-1
電話
099-223-7271
駐車場
なし(近くのコインパーキングを利用)
※隣接する県営有料駐車場は1時間まで無料。以後、1時間毎に200円。
※自動車でのご乗船も可能。
次のスポットへ
ルート
フェリー(海上)、一般道
距離・所要時間
約4.3km、約31分(フェリー移動含む)

3 桜島ビジターセンター

42 011 502*55
桜島ビジターセンター

桜島の大正大噴火から平成26(2014)年1月12日で100年を迎えた。
フェリーを降りたら、まずビジターセンターに立ち寄ってみよう。
ここは「知る+体感」をコンセプトにしたミニ火山博物館。
桜島見物の予習をすれば、旅の楽しみが倍増!

つばき油などのお土産

唐辛子入りで甘くスパイシーな桜島マグマソーダや椿油など、話題のみやげものが買えるほか、ここではユニークな体験プログラムの紹介、斡旋も行っている。
体験予約は『みんなの桜島』のサイトにて。

足湯に浸かる女の人

桜島ビジターセンターの目の前にある「桜島溶岩なぎさ公園」には、無料で利用できる全長100mの足湯がある。
桜島や錦江湾をはさんで鹿児島市街地を眺めながら、ゆったり気分。
ドライブの途中に一息入れるのにおすすめ。

料金
無料
住所
鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722-29
電話
099-293-2443
営業時間
営業時間:9:00~17:00
休館日:年中無休
※足湯は日没まで利用可
駐車場
あり(無料)
次のスポットへ
ルート
国道224号線
距離・所要時間
約650m、約4分

4 道の駅「桜島」火の島めぐみ館

42 012 273*71
道の駅「桜島」火の島めぐみ館

農産品加工グループ「さくらじま旬彩館」が運営するレストランは、地元のお母さんたちが味噌やドレッシングまで手作りしたやさしい味が好評だ。
地元で獲れたブリを使ったぶり大根(冬期は桜島大根を使用)を主役に、キビナゴの南蛮漬けやさつま揚げなどを盛り込んだ「火の島御膳」や、地元のカンパチの刺身が付く「おふくろ御膳」が人気。
桜島小みかんの皮を麺に練りこんだ「小みかんざるうどん」はこの店でしか味わえない逸品。

道の駅桜島の内観

桜島の形をイメージした外観で、内観に木材をふんだんに使った販売所には、桜島大根の漬物や桜島小みかんを使ったグラッセ、ドレッシングなどのみやげものがいろいろ。
地元の野菜や水産物、雑貨類も品ぞろえ。

桜島小みかんソフトクリーム

「世界一小さいみかん」としてギネスブックに登録されている桜島小みかんのジュースをたっぷり使った桜島小みかんソフトクリーム。
みかんの爽やかな香りが口の中に広がる。
GWには連日1,000本が売れるほど人気がある。

料金
火の島御膳1,050円
おふくろ御膳1,300円
小みかんざるうどんセット700円
住所
鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722-48
電話
099-245-2011
営業時間
営業時間:9:00~18:00(レストランは16:00まで)
休館日:第3月曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場
あり(無料)
次のスポットへ
ルート
国道224号線、県道26号線
距離・所要時間
約20.9km、約33分
湯之平展望所

絶景ポイント 湯之平展望所

桜洲小学校を右折、山道を一気に駆け上がると、そこは現在桜島でもっとも高くまで登れる場所。
目の前に迫る北岳は5,000年前に活動を休止して侵食が進み、荒々しい表情だ。
眼下に広がる鹿児島市街地や霧島連山、開聞岳まで見渡す360度のパノラマは息をのむよう。
夕日や夜景も美しい。

5 有村溶岩展望所

393 501 051*57
有村溶岩展望所

大正3(1914)年の大噴火で流れ出した溶岩の上に位置する展望所。
溶岩原には遊歩道がつくられていて、噴火による地形や植生の変化が見てとれる。
大正噴火から100年経った現在は、溶岩の間からたくさんの松が枝を広げる陽樹林の時代。
長いスパンの地球の成長が感じられるようだ。
桜島を見上げると今日もドカンと噴火が。
観光客から口々に「スゴイ!」の声が上がり、真っ青な空に、あっという間に灰色の雲が広がった。

展望所からみた海岸の景色

展望所を降りて海際を眺めると、そこもやはり溶岩の岸壁。
大噴火で流れ出た溶岩が海へと流れ出たことが想像できるだろう。
砂浜もいわゆる白砂ではない。
黒っぽい砂が広がっているのも、火山地帯ならでは。

林芙美子の文学碑

有村溶岩展望所から2kmほど戻った古里町には、逆境の作家、林芙美子の文学碑がある。
古里町は母親の出身地で、大正大噴火の年の一年間は鹿児島市で暮らした。
像が右手に持つ傘は、雨、日、火山灰、何を避けようとしていたのだろう。

料金
無料
住所
鹿児島県鹿児島市有村町952
電話
099-298-5111(観光交流センター)
駐車場
あり
次のスポットへ
ルート
国道224号線、国道220号線、県道26号線
距離・所要時間
約6.6km、約9分

GOAL 黒神埋没鳥居

393 595 661*58
黒神埋没鳥居

いよいよディープな降灰の世界へ。
桜島の裏側にまわり込むと、開放的な表側とは趣を変えた景色があらわれる。
目印は黒神中学校。
現在も降灰が続く桜島だが、大正3年(1914)の大噴火がいかに凄まじかったのかを感じることができるのがこの鳥居だ。
3mほどあった鳥居は上部1mほどを残してすっぽり火山灰に覆われている。

黒神げんき塾外観

鳥居の横には、「黒神げんき塾」と看板が掲げられた小屋が。
隣の黒神中学校の生徒らの手作り資料館で、中には大爆発当時の様子など桜島に関する情報を掲示。
地元の歴史を一生懸命学ぶ子どもたちの姿が目に浮かんで微笑ましい。

大きなガジュマルの木

鳥居の奥には小さな本殿が。
舗装されていない参道は、日々降り積もる火山灰で覆われていて、降灰をリアルに感じられる。
しかし、そんな厳しい環境の中でも大きなガジュマルの木が根を張っていて、住む人だけでなく、植物の逞しさも感じさせてくれる。

住所
鹿児島県鹿児島市黒神町(黒神中学校横)
電話
099-298-5111(観光交流センター)
駐車場
あり(無料)

おすすめ!絶景ポイントが目白押しの阿蘇ドライブ

豊かな自然を感じよう

南阿蘇の豊かな水源巡りからスタートし、阿蘇パノラマラインと阿蘇ミルクロード、2つの道を進みながら、「阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇ジオパーク」の観光スポットをくまなく訪れる。
心尽くしが行き届いた宿「湯の宿 入船」で阿蘇の食と大地の温度を堪能してリフレッシュしたのちは、「天空のヨガ」「雲海」「阿蘇の朝日」で阿蘇の早朝を満喫する。

レンタカーおすすめ情報

  • たびらいレンタカー×LINE連携キャンペーン
  • 日本各地のおすすめドライブコース
  • レンタカーで、ローカル体験に出かけよう
  • 休業補償オプション販売中
  • 基本情報ガイド
  • スタッドレスタイヤ付きレンタカーを借りて、冬ドライブを安心・安全に楽しもう!
  • レンタカーでチャイルドシート 料金・借り方の疑問解決!
  • ETCカード レンタルオプション販売中