北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

旭山動物園と旭川ラーメンを目指して走る

札幌を出発し、旭山動物園ではたくさんの動物の姿をじっくり観察。昼は名物の旭川ラーメンを。地元産の日本酒やスイーツの土産を買ったら、宿泊は旭川市内で。北海道の主要都市のひとつだけにホテルはそろっている。
文/孫田二規子

START

札幌駅

1

旭山動物園

2

あさひかわラーメン村

3

男山酒造り資料館

4

北海道立旭川美術館

GOAL

丘の上の菓子工房 The Sun蔵人

北海道レンタカー 最安値提供 免責補償・カーナビ・消費税すべて込み!

JR札幌駅

JR札幌駅から徒歩圏内でレンタカーを借りられる店舗は多数あり、いずれも4人前後のコンパクトな車から8人定員のグループ旅行向きの車まで幅広く用意されている。出発は札幌駅だが、帰りは新千歳空港近隣の店舗での乗り捨てが可能なレンタカー会社も多い。

ルート

国道5号線、国道274号線、札樽自動車道・道央自動車道(札幌北IC~旭川鷹栖IC)、道道1125線

距離・所要時間

約141キロ、約2時間

嵐山展望台

嵐山公園内に位置する標高253メートルの嵐山展望台。ここからの景色は、旭川八景のひとつに数えられており、上川盆地に広がる旭川市街地や蛇行する石狩川を一望。遠くには大雪山、十勝岳連峰までもが見渡せる。

旭山動物園

見る

動物本来の習性や身体能力を誘発する行動展示のパイオニアとして、全国的に人気の動物園。旭川市街を望む旭山にあり、園内はゆるやかな坂になっている。現在、120数種の動物を展示しており、観覧に必要な時間は2、3時間。毎年、お盆シーズンに開催されている夜の動物園は、普段は見ることのできない夜の動物の様子が見られる。

ルート

国道5号線、道道343号線

距離・所要時間

約10キロ、約20分

あさひかわラーメン村

食べる

旭川ラーメンの人気店8店舗が並ぶ。各店、独自の味を追求しており、最近は餃子やチャーシューを使ったどんぶりなどサイドメニューも充実。どこの店で食べようか迷うこと必至だ。旭川ラーメンは、〝正油ラーメン〟が基本。スープはトンコツ、トリガラに魚介を使っているのが特徴的。麺は中細の縮れ麺で、水分が少ないためスープを吸収しやすく、味わい深い。

ルート

道道90号線、国道39号線

距離・所要時間

約2キロ、約5分

男山酒造り資料館

見る

旭川で110年以上の歴史を持つ酒造メーカー「男山」に併設する資料館。仕込み時期には、窓越しに実際に酒を仕込む様子が見られるほか、3階には、桶や麹の扱いに使う「よくたかり」といった昔の酒造りの道具を多数展示。2階には、男山に関連した浮世絵や葛飾北斎の掛け軸など、貴重な美術品、そして、男山のルーツを学べる資料が置かれている。

ルート

国道39号線

距離・所要時間

約6.5キロ、約15分

北海道立旭川美術館

見る

旭川出身の砂澤ビッキの作品ほか、クラフトや立体彫刻、家具など、木の造形をコレクションしている美術館。ふたつの展示室では、随時、さまざまな展覧会が行われている。

ルート

国道237号線

距離・所要時間

約4.5キロ、約10分

丘の上の菓子工房 The Sun蔵人(ザ・さんくろうど)

食べる

「釜蒸し蔵」や「蔵生」などの菓子で知られる人気店。建物は大雪山の噴火によって誕生した美瑛軟石を使用。古い酒蔵を取り壊した際に出た廃材を利用しており、明治時代の趣を残しつつ、現代建築の基準に合わせて建築している。内観は2012年にリニューアル。2階が買ったお菓子を食べられるイートインコーナーになり、コーヒーやお茶など飲み物が無料で提供される。
上記内容は2013年8月時点の情報となります。

レンタカーでドライブ旅を楽しもう!

札幌の旅行は楽しみだけど、街歩きには飽きてしまった、なんて方にはレンタカーを使ってのドライブ旅がオススメです。クルマに乗って少し足を延ばせば楽しいスポットとの出会いがたくさんあります。このページを参考に、是非レンタカーを使ったドライブ旅を楽しんでください。