旭山動物園を目指して走る~動物園をはじめ、日本酒やスイーツなど、旭川の名物をまるごと体験~

旭山動物園を目指して走る~動物園をはじめ、日本酒やスイーツなど、旭川の名物をまるごと体験~

札幌を出発し、旭山動物園ではたくさんの動物の姿をじっくり観察。
昼は名物の旭川ラーメンを。
地元産の日本酒やスイーツの土産を買ったら、宿泊は旭川市内で。
北海道の主要都市のひとつだけにホテルはそろっている。
文/孫田二規子

コース概要
走行距離
片道・約181キロ
走行時間
片道・約3時間35分
有料道路料金
片道・3650円
ベストシーズン
マップコードで簡単カーナビ設定

START JR札幌駅

9 522 855*17
JR札幌駅

JR札幌駅から徒歩圏内でレンタカーを借りられる店舗は多数あり。
いずれも4人前後のコンパクトな車から8人定員のグループ旅行向きの車まで幅広く用意されている。
出発は札幌駅だが、帰りは新千歳空港近隣の店舗での乗り捨てが可能なレンタカー会社も多い。

札幌エリアのレンタカーを探す  

次のスポットへ
ルート
国道5号線、国道274号線、札樽自動車道・道央自動車道(札幌北IC~旭川鷹栖IC)、道道1125線
距離・所要時間
約141キロ、約2時間
嵐山展望台からの景色

絶景ポイント 嵐山展望台

嵐山公園内に位置する標高253メートルの嵐山展望台。
ここからの景色は、旭川八景のひとつに数えられており、上川盆地に広がる旭川市街地や蛇行する石狩川を一望。
遠くには大雪山、十勝岳連峰までもが見渡せる。

1 旭山動物園

79 357 898*16
旭山動物園

動物本来の習性や身体能力を誘発する行動展示のパイオニアとして、全国的に人気の動物園。
旭川市街を望む旭山にあり、園内はゆるやかな坂になっている。
現在100数種の動物を展示しており、観覧に必要な時間は2、3時間。
毎年、お盆シーズンに開催されている夜の動物園は、普段は見ることのできない夜の動物の様子が見られる。

旭山動物園のほっきょくぐま

ほっきょくぐま館には、のんびりとしたホッキョクグマの姿が見られる檻のない岩場と、ダイナミックな飛び込みや泳ぎが眼前に迫る巨大プールの2か所の展示場がある。
1日2回、エサを食べる様子を観察できるもぐもぐタイムを開催。時間は公式ホームページで毎朝告知。

料金
大人800円、中学生以下無料
住所
旭川市東旭川町倉沼
電話
0166-36-1104
営業
4月28日~10月15日
9時30分~17時15分(入園16時まで)
10月16日~11月3日
9時30分~16時30分(入園16時まで)
11月11日~4月7日
10時30分~15時30分(入園15時まで)
※年末年始休業
駐車場
あり(無料)
次のスポットへ
ルート
国道5号線、道道343号線
距離・所要時間
約10キロ、約20分

2 あさひかわラーメン村

79 409 479*83
あさひかわラーメン村

旭川ラーメンの人気店8店舗が並ぶ。 各店、独自の味を追求しており、最近は餃子やチャーシューを使ったどんぶりなどサイドメニューも充実。
どこの店で食べようか迷うこと必至だ。旭川ラーメンは、〝正油ラーメン〟が基本。スープはトンコツ、トリガラに魚介を使っているのが特徴的。
麺は中細の縮れ麺で、水分が少ないためスープを吸収しやすく、味わい深い。

工房 加藤らーめんの店長

あさひかわラーメン村内「工房 加藤らーめん」の鈴木修店長。
麺は、昭和22年創業の製麺所「加藤ラーメン」のものを使用。
「無添加で作っています。おいしいですよ!」と店長。

工房 加藤らーめん

ていねいに下処理した油っこくない背脂と、北海道産肩ロースを煮込んだチャーシューのしょう油ダレをじっくり寝かせてスープに使う「こくうま熟成正油らーめん」820円。
まろやかでコクがあるが、後味はあっさりしている。

料金
入場無料
住所
北海道旭川市永山11条4丁目119-48
電話
0166-48-2153
営業
11時~20時
駐車場
あり(無料)
次のスポットへ
ルート
道道90号線、国道39号線
距離・所要時間
約2キロ、約5分

3 男山酒造り資料館

79 469 227*47
男山酒造り資料館

『男山』350年の歴史と共に、日本の伝統産業のひとつである酒造り文化を伝える資料舘。
仕込み時期には、窓越しに実際に酒を仕込む様子が見られるほか、3階には桶や麹の扱いに使う「よくたかり」といった昔の酒造りの道具を多数展示。
2階には男山に関連した浮世絵や葛飾北斎の掛け軸など、貴重な美術品、そして、男山のルーツを学べる資料が置かれている。

男山酒造り資料館のスタッフ

1階の試飲コーナーでは、男山の銘酒10種前後が試飲できる(一部有料)。
お土産の一番人気は、ここでしか買えない「純米原酒」(720ml)1560円。
アルコール度数が18度と高く、吟醸香が秀逸。
辛口で、通好みの味わいだ。

男山酒造り資料館の伏流水

酒の原料となる大雪山連峰の伏流水を、自由に味わうことができる。
また、建物の前に、スタッフで手入れをしているという庭を有し、景観が見事。
水車や池、季節毎の花が眺望でき、美しく、気持ちのいい場所だ。

料金
入館無料
住所
旭川市永山2条7丁目1-33
電話
0166-47-7080
営業
9時~17時/12月31日~1月3日休
駐車場
あり(無料)
次のスポットへ
ルート
国道39号線
距離・所要時間
約6.5キロ、約15分

4 北海道立旭川美術館

79 373 543*86
北海道立旭川美術館

旭川出身の砂澤ビッキの作品ほか、クラフトや立体彫刻、家具など、木の造形をコレクションしている美術館。
ふたつの展示室では、随時、さまざまな展覧会が行われている。

北海道立旭川美術館のロビー

開放感のあるロビー。
大きな窓からは常磐公園の緑を望む。
世界美術全集などの専門書は自由に閲覧可能。

北海道立旭川美術館のブロンズ像「雄弁」

入口に建つフランスの彫刻家アントワーヌ・ブールデル作のブロンズ像「雄弁」。
高さ4メートルとなかなかの迫力。
関連の作品が全4体あり、残りは各地域の道立美術館に。
札幌「力」、帯広「勝利」、函館「自由」が展示されている。

料金
展覧会によって変動
住所
旭川市常磐公園内
電話
0166-25-2577
営業
9時30分~17時(入館16時30分まで)
休館日:月曜休(祝日の場合開館、直後の平日が休館)、年末年始休館(12月29日~1月3日)
駐車場
あり(無料)
次のスポットへ
ルート
国道237号線
距離・所要時間
約4.5キロ、約10分

GOAL 丘の上の菓子工房 The Sun蔵人(ザ・さんくろうど)

79 283 534*17
丘の上の菓子工房 The Sun蔵人(ザ・さんくろうど)

「釜蒸し蔵」や「蔵生」などの菓子で知られる人気店。
建物は大雪山の噴火によって誕生した美瑛軟石を使用。
古い酒蔵を取り壊した際に出た廃材を利用しており、明治時代の趣を残しつつ、現代建築の基準に合わせて建築している。
内観は2012年にリニューアル。
2階が買ったお菓子を食べられるイートインコーナーになり、コーヒーやお茶など飲み物が無料で提供される。

釜蒸し蔵

左の「釜蒸し蔵」1個115円は、黒糖の入った生地の中に、北海道産あずきの餡がみっちり詰まった蒸しまんじゅう。
右は、生サブレ「蔵生」1枚85円。
中に生チョコが入っており、しっとりとした新食感だ。

The Sun蔵人2階のイートインコーナー

2階のイートインコーナー。
1日3回(11時、13時、15時)、店内で焼いたチーズケーキの焼き立てを販売。
ホールで800円、写真の4分の1カットで200円。
「ふわっと軽い食感で、焼き立てがおいしいですよ!」と庄司尚人本店支配人。

住所
北海道旭川市神楽岡8条1丁目
電話
0120-30-3961
営業
8時~19時/無休
駐車場
あり(無料)

おすすめ!冬だけのライトアップを見に行こう

美瑛で触れる無垢な雪と大地の恵み

道東自動車道を北上して富良野国道/国道237号線へ。
CMやポスターなど撮影場所が点在する地区へ。
まずは自動車のCMで有名になった「ケンとメリーの木」を見る。
大雪原の風景が広がる「パッチワークの路」を巡った後は、「マイルドセブンの丘」へ。
そして、冬だけのライトアップを見に「白ひげの滝」「青い池」へ。

レンタカーおすすめ情報

  • 日本各地のおすすめドライブコース
  • レンタカーで、ローカル体験に出かけよう
  • 休業補償オプション販売中
  • 基本情報ガイド
  • スタッドレスタイヤ付きレンタカーを借りて、冬ドライブを安心・安全に楽しもう!
  • LINE@で予約情報を簡単チェック!
  • レンタカーでチャイルドシート 料金・借り方の疑問解決!
  • ETCカード レンタルオプション販売中