日本各地の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

たびらい

南紀白浜空港から高野山までの距離と所要時間の目安

龍神街道~高野龍神スカイラインを通って高野山まで約110キロ

弘法大師の誕生の地、四国の花崗岩を使用した金剛峯寺蟠龍庭

写真:弘法大師の誕生の地、四国の花崗岩を使用した金剛峯寺蟠龍庭

--------------------------------------------------------------------------------
和歌山のレンタカーのおすすめプランを比較して、最安値で予約できます。全プランが免責補償・
消費税込みの料金で安心です。和歌山の格安レンタカーなら、「たびらい和歌山レンタカー予約」。

▼南紀白浜空港近くでレンタカーを探す
--------------------------------------------------------------------------------

  レンタカーの受け付けは、空港ロビー到着口付近のレンタカーカウンターが窓口。空港内にカウンターがあるレンタカー会社は、手続きやレンタカーの引き渡しが完了後に出発。JR白浜駅など空港周辺にある営業所へは、無料送迎車で移動後に出発する。(南紀白浜空港周辺のレンタカー検索はコチラから) 
空港から高野山までは、龍神街道~高野龍神スカイラインの山間部を走るルートが一般的。走行距離は約108キロ、所要2時間55分。
空港から県道33号線を田辺方面に走り、田辺バイパスを経由して秋津町交差点を右折。県道29号線を25キロほど北上すると、国道371号線に合流。国道371号線を龍神方面に進むと、龍神温泉トンネルを抜けた先に道の駅龍神がある。
道の駅龍神は、林業が盛んな龍神村ならではの木造建築。龍神産の杉や檜を使ったまな板、落とし蓋などを販売している。和歌山名物の茶がゆが味わえるレストランも併設。すぐ横を流れる日高川の清流を眺めながら、ひと息つきたい。
国道371号線をさらに北上すると高野龍神スカイラインに入る。高野龍神スカイラインは、和歌山と奈良の県境の尾根を縦走する山岳道路。途中には、紀伊の山並みを望む展望台もある。通年、通行可能だが、冬季は冬用タイヤの装備を忘れなく。
高野龍神スカイラインを抜け、さらに国道371号線を北へ進むと、高野山奥の院に着く。レンタカーは奥の院前または金剛峯寺前の無料駐車場に停める。
高野山は、1200年の歴史をもつ真言宗の聖地。弘法大師空海が、816年に高野山に修験道場を開いたのが始まりとされ、標高850メートルの山上に117もの寺院が建つ。なかでも奥の院は、弘法大師が結跏趺坐のまま御廟に入定した地で、聖地の中の聖地。杉木立が覆う約2キロの参道の脇には、数十万とも言われる墓碑が立ち、神聖な雰囲気が漂う。
奥の院から国道371号線を西へ走ると、金剛峯寺の門前に続く。金剛峯寺は、山内117か寺の総本山。狩野派による障壁画や、2340平方メートルで国内最大級の石庭・蟠龍庭は時間をかけて鑑賞したい。

【南紀白浜空港⇔高野山】
<距離>=約108キロ
<所要時間>=一般道利用(県道29号線・国道371号線経由)の場合は2時間55分

【メモ】
<道の駅龍神>
住所=和歌山県田辺市龍神村龍神170-3
電話=0739‐79‐0567
営業=9時~17時(7月~10月は延長あり)/水曜休(ただし、4月~11月は無休)、12月29日~1月1日休

<金剛峯寺>
住所=和歌山県高野町高野山132
電話=0736‐56‐2011
営業=8時30分~16時30分/無休
料金=堂内拝観500円


▼ さっそく、南紀白浜空港近くのレンタカーを検索してみる!
  たびらい和歌山レンタカー予約 南紀白浜空港エリア
  たびらい和歌山 レンタカー予約




大きな地図で見る

2013年10月18日(金) 【投稿者】猪股和子

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧