日本各地の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

たびらい

大阪空港(伊丹空港)から東寺までの距離と所要時間の目安

大阪空港から北東へ走り、真言密教の根本道場・東寺まで約45キロ

東寺の五重塔は京都のシンボルのひとつ

写真:東寺の五重塔は京都のシンボルのひとつ

--------------------------------------------------------------------------------
大阪のレンタカーのおすすめプランを比較して、最安値で予約できます。全プランが免責補償・
消費税込みの料金で安心です。大阪の格安レンタカーなら、「たびらい大阪レンタカー予約」。

▼大阪空港(伊丹空港)近くでレンタカーを探す
--------------------------------------------------------------------------------

  空港でレンタカーを借りる場合、ターミナルの到着ロビーにある総合案内所が窓口。手続きは空港周辺の営業所で行うため、送迎車などで移動。レンタカーの引き渡しが完了後、出発する。予約済なら事前に送迎車の発着場所などを確認しておくといい。(大阪空港(伊丹空港)周辺のレンタカー検索はコチラから) 
空港から高速利用の場合、走行距離は約40キロ、所要40分。中国道~名神高速を走り、利用区間は中国豊中IC~京都南第1IC間で、普通車1250円。空港から国道176号線を経由して中国豊中ICから中国道に入り、吹田JCTから名神高速へ。京都南第1ICで下り、国道1号線を北上。京阪国道口交差点まで走れば、東寺はすぐ目の前。境内にある駐車場へは、京阪国道口交差点を右折し、次の九条大宮交差点を左折。1ツ目の大宮東寺道信号の先の道を左に入ったところにある。
 空港から一般道を走る場合、約41キロ、所要1時間40分。空港から国道176号線を経由して国道171号線に入り、京都方面へ進む。茨木や高槻の市街地を抜け、京都市内へ。桂川に架かる久世橋を渡り、そのまま九条通へ。程なく東寺の五重塔が見えてくる。
 東寺は、都と国家の鎮護を願い、平安京遷都の2年後に建立された。後に嵯峨天皇が弘法大師・空海に寺院を下賜し、日本初の真言密教の根本道場となった。講堂内に安置された立体曼陀羅は、空海の密教思想を表現。21体の仏像のうち16体が国宝、5体が国の重要文化財に指定されている。境内の南東隅に建つ五重塔は、高さ55メートル。
九条通をさらに東へ向かうと、紅葉の名所・東福寺に続く。東福寺のはじまりは、1236年に摂政・九篠道家が祖父のために建立した菩提寺。11月中旬~12月上旬には、約2000本の木々が色鮮やかに染まる。国宝の三門は日本最古で、禅宗最大といわれる。

【大阪空港⇔東寺】
<距離>=一般道利用の場合は約41キロ、高速利用の場合は約40キロ
<所要時間>=一般道利用(国道171号線・九条通経由)の場合は1時間40分 高速利用(中国豊中IC~京都南第1IC)の場合は40分
<高速料金>中国豊中IC~京都南第1ICまで普通車1250円

【メモ】
<東寺>
住所=京都市南区九条町1
電話=075‐691‐3325
営業=8時30分~17時(9月20日~3月19日は~16時)/無休(宝物館は3月20日~5月25日、9月20日~11月25日のみ開館)
料金=境内自由(金堂・講堂500円、宝物館500円)

<東福寺>
住所=京都市東山区本町15-778

電話=075‐561‐0087
営業=9時~16時(12月上旬~3月は~16時、秋の特別拝観中は8時30分~)/無休
料金=通天橋・開山堂400円、方丈八相庭園400円


▼ さっそく、大阪空港(伊丹空港)近くのレンタカーを検索してみる!
  たびらい大阪レンタカー予約 大阪空港(伊丹空港)エリア
  たびらい大阪 レンタカー予約
  たびらい京都 レンタカー予約



大きな地図で見る

2013年10月17日(木) 【投稿者】猪股和子

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧