日本各地の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

たびらい

世界遺産・歴史岐阜県

掲載日:2017年01月31日

ミシュラン3つ星!飛騨高山、レトロな町並み散歩

たびらいバスツアー編集部

81hidatakayama_01.jpg

飛騨高山は、伝統的な建物が残る古い町並で、和の情緒たっぷり。飛騨牛などグルメも見逃せません!4月の高山祭をはじめ、バスツアーで白川郷など近隣の観光スポットを効率よくめぐり、フォトジェニックな日本の原風景を楽しみましょう。

▼バスツアーのプランを見る

ミシュラン3つ星獲得で、世界的観光地に

江戸時代の風情が残る「古い町並」へ


役所として使用されていた高山陣屋。見事なたたずまいで当時の隆盛を見ることができます。
▲役所として使用されていた高山陣屋。見事なたたずまいで当時の隆盛を見ることができます。

岐阜県の山間部に位置する飛騨高山。江戸時代には飛騨国として高山藩が置かれ、のちに幕府直轄の天領として栄えました。
高山城の城下町、なかでも商人町として発展し、現在でも出格子が連なる景観が保存されている古い町並は、老舗の酒蔵や雑貨店などがあり、そぞろ歩きが楽しめます。


郷土料理の店「久田屋」には、5月頃に藤の花が咲きます。
▲郷土料理の店「久田屋」には、5月頃に藤の花が咲きます。

飛騨高山の景観は、フランスの観光ガイド『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』で最高ランクの3つ星に選ばれたことから、外国人観光客もさらに増え、多くの人々が行き交います。


4月中旬には桜も咲き始め、宮川にかかる中橋や、江名子川沿いの桜が見事で、散策しながら春を感じることができますよ。


壮大な屋台が目をひく高山祭

春の高山祭。屋台が中橋を渡る貴重な風景。
▲春の高山祭。屋台が中橋を渡る貴重な風景。

高山祭とは春の「山王祭」と秋の「八幡祭」、2つの祭の総称で、春の高山祭は日枝神社の例祭として毎年4月14日、15日に開催されます。秋は、毎年10月9日・10日。
高山祭の見どころは、それぞれの蔵から曳き出される12台の壮麗な屋台。からくり奉納や、屋台曳き揃えの様子は壮観です。2016年12月には、「山・鉾(ほこ)・屋台行事」のひとつとしてユネスコ無形文化遺産に登録されました。
春と秋には、高山祭を見に行くバスツアーもあるので要チェックです。


飛騨牛、みたらし団子…ご当地グルメ食べ歩き

タイムスリップしたような趣が残る古い町並の界隈には、お煎餅屋さんにみたらし団子の店など、おやつ感覚で食べ歩きができるお店がいっぱい。
“サッと食べられる”ご当地グルメが旅人気分を盛り上げてくれますよ!


飛騨牛握り寿司

飛騨牛握り寿司は、軽くあぶったやわらかな飛騨牛にタレがよく合います。お皿がえびせんになっているというのも、おいしくてエコ!


飛騨牛串焼き

飛騨牛の美味しさをストレートに味わうなら、串焼き!海外でも人気のブランド牛、飛騨牛を気軽に食べられます。


飛騨高山のみたらし団子は、甘くない醤油だれで香ばしく焼き上げるのが特徴。

飛騨高山のみたらし団子は、甘くない醤油だれで香ばしく焼き上げるのが特徴。



午前中に散策する時間があれば、宮川朝市や陣屋前朝市にも行ってみて。野菜や果物、漬物などあれこれ買いたくなってしまいます(エコバック持参がおすすめ!)。


古い町並に行くには、JR高山駅から徒歩10分程度なのですが、関西や関東方面から高山へ、鉄道で出かけるには乗り換えが必要になるうえ、周辺観光への交通手段が限られてしまいます。
バスツアーなら世界遺産の白川郷や温泉旅館と組み合わせたプランも多く、観光スポットを効率よく巡れるので、コスパ抜群ですよ♪


飛騨高山に行くバスツアーのプランを見る

関東発 紅葉バスツアー特集

他のコラムを読む

コラムは毎週更新中!

バスたびメールニュース

たびらいのお得な情報を無料で配信中!
最新のバスツアー情報をお届けします。

メールニュース登録をする

出発エリア一覧

テーマ別プラン一覧