日本各地の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

たびらい

世界遺産・歴史石川県

掲載日:2016年12月06日

冬の金沢へ!兼六園鑑賞と茶屋街めぐり

たびらいバスツアー編集部

64kenrokuen_01.jpg

北陸、それも冬の金沢はまるで絵のような美しさ。兼六園の雪吊りに加賀百万石の歴史と日本情緒を感じ、茶屋街で粋な世界に思いをはせる…。雪が舞うこの季節は、バスツアーを活用して人気のエリアをスムーズに回りましょう。

▼バスツアーのプランを見る

雪化粧した兼六園は見る価値あり!

江戸期の繁栄を思わせる庭園


霞が池の徽軫灯籠(ことじとうろう)と雪吊り
▲霞が池の徽軫灯籠(ことじとうろう)と雪吊り

金沢のシンボル・兼六園。水戸の偕楽園、岡山の後楽園とともに日本三名園とされています。江戸時代に加賀藩5代目藩主の前田綱紀(つなのり)が、この地に別荘を建て、庭を作ったのが始まりとされています。


広大な敷地にあらゆる技法が取り入れられた築山、池、御亭(おちん)を配置していることから、「築山・林泉・廻遊式庭園」とも呼ばれています。
松の木には、雪の重みで折れないよう縄で保護する「雪吊り」が施され、雪化粧した風景はまさに日本画のようですね。


事前に鑑賞ルートを決めておこう!

根上松(ねあがりまつ)。黒松の根が地上2mまでせり上がっています。
▲根上松(ねあがりまつ)。黒松の根が地上2mまでせり上がっています。

バスツアーの場合、1時間程度の散策が定番です。まずは徽軫灯籠が配された霞が池へ。
その後、13代藩主・前田斉泰(なりやす)が植えたという根上松や、時間があれば梅林を回り、ロウバイなど季節の花を観賞するのもいいでしょう。
藩主の別荘を再現した時雨亭で、お抹茶をいただきながら外を眺めるのもおすすめです。


散策の際はくれぐれも防寒と雪対策を。園内だけでなく、駐車場から入口までも段差や坂があるので、冬の降雪時はスノーブーツがベストです。
2017年1月27日~2月4日はライトアップが行われますよ♪


兼六園周辺をぐるっと!金沢散歩5選

金沢は、史跡や古い町並みが残る一方、現代的なアートスポットが誕生するなど散策にぴったりの街。兼六園と合わせて訪ねてみたい、5つのスポットをご紹介します♪


金沢城(兼六園から徒歩1分)

金沢城

加賀藩前田家の居城。江戸期に火災と再建を繰り返しており、石川門は、天明8年(1788)年に再建されたもの。菱櫓(ひしやぐら)、五十間(ごじっけん)長屋・橋爪門続櫓(つづきやぐら)は、平成13年に復元されました。


成巽閣(兼六園隣接)

成巽閣「群青の間」

成巽閣(せいそんかく)は、13代藩主前田齊泰(なりやす)が母の隠居所として建築した奥方御殿。館内は見学可能で、「群青の間」を代表とする、鮮やかな群青色の壁が印象的です。当時、群青色は手に入りにくいことから、権力を象徴する色で、最も高貴な色でした。当時は金よりも高い顔料だったようです。


ひがし茶屋街(兼六園から徒歩15分)

ひがし茶屋街

東山にある茶屋街は、石畳に「木虫籠(きむすこ)」と呼ばれる格子がある町並みが魅力的。カフェ、食事どころ、雑貨屋などがあり、昼間は多くの観光客が行き交います。加賀麩や金箔製品などはお土産にぴったり。夜は静かで、あかりが灯り始めたら、三味線の音が聞こえてくるかもしれません。


近江町市場(兼六園から徒歩20分)

近江町市場

活気あふれる金沢市民の台所。鮮魚や青果、乾物などあらゆる食材が揃います。鮮魚店では食べ歩きが楽しめますよ。冬は、ブランド蟹の「加能かに」が旬!食事処もあり、ボリュームたっぷりの海鮮丼などが味わえます。


金沢21世紀美術館(兼六園から徒歩10分)

金沢21世紀美術館

洗練されたアートスポットとして注目。レアンドロ・エルリッヒ「スイミング・プール」は必見。女優の杏さんが出演した北陸新幹線開業PRポスターもここで撮影されました。



兼六園をはじめ、金沢の主要観光スポットはJR金沢駅から路線バス利用となりますが、寒い時にバス停で待つのは結構つらいもの。バスツアーなら移動もラクです。また、富山や飛騨高山などと組み合わせたプランも多く、北陸の冬を存分に堪能できますよ。


兼六園に行くバスツアーのプランを見る

他のコラムを読む

コラムは毎週2回更新中!

バスたびメールニュース

たびらいのお得な情報を無料で配信中!
最新のバスツアー情報をお届けします。

メールニュース登録をする

出発エリア一覧

テーマ別プラン一覧