その他全国

更新日:2019年02月07日

ファンの声を活かして、忘れられないツアーをつくりたい(クラブゲッツ・小栗)

たびらいバスツアー編集部

collabo03_03.jpg

バスツアーファンとつくる「コラボバスツアー」のインタビュー第2弾!今回は、たびらいと商品を共同開発している「クラブゲッツ」バスツアー企画担当・小栗さんに、企画のこだわりやコラボバスツアーへの意気込みなどのお話を伺いました

▼バスツアーのプランを見る

「クラブゲッツ」バスツアー企画担当・小栗さんにインタビューしました!

「クラブゲッツ」のバスツアー企画のこだわりは?


クラブゲッツ(札幌通運株式会社)バスツアー企画担当・小栗さん
▲クラブゲッツ(札幌通運株式会社)バスツアー企画担当・小栗さん

小栗:
「お昼ご飯の美味しさ」「行き先は自分で確かめる」「立ち寄り箇所の数」の主に3つです。

一番は、お昼ご飯にこだわっています。自分が食べても、美味しいと思えるかどうか、ということを大事にしています。次に、変なお土産屋さんなど、無意味な場所には連れていかないということは、ポリシーですね。添乗もしていた経験から、行き先はなるべく自分で確かめて、行きたいと思える場所にしています。三番目は、立ち寄り箇所を多くしすぎない。乗り降りが多いとせっかくの旅行で疲れてしまうので、3~4箇所くらいに絞っています。


なぜ、たびらいとコラボしようと思ったのか?

たびらいバスツアーファンと一緒に意見交換する様子
▲たびらいバスツアーファンと一緒に意見交換する様子

小栗:
ツアー企画をやっていると、観光地のトレンドをいれるのか、定番を回るのか、塩梅が難しいんです。自分達だけのこだわりだけで作ると独りよがりになったり、マンネリ化してしまうんですね。「たびらいバスツアー座談会」などを通じて、バスツアーファンの皆さんの声を刺激にして、企画に活かしたいと思いました。

「タイトルがわかりづらい」「車内でも楽しめるレクリエーションがあるといい」など、自分では気づけないところまで、皆さん率直かつ積極的に意見をくださって、なかなかお客さまの意見を直接聞く機会がなかったので、願ったり叶ったりです(笑)


今回のコラボバスツアーの意気込みを教えてください

クラブゲッツ小栗さん

小栗:
バスツアーの車内は、添乗員が現場で空気を読んで、調整して、まさにライブ!「絶対また行きたい」と言われる、忘れられないツアーにしたいですね。

今はまだ商品数は少ないけれど、しっかり心を込めて企画しているので、お客さまに、「クラブゲッツのバスツアーに行けば、間違いない」と思ってもらえたら、こんなに嬉しいことはないですね。自社のアピール下手な部分は「たびらい」さんのサポートを得ながら、楽しいバスツアーをつくります!



たびらい編集部:
小栗さん、ありがとうございました!



▼コラボバスツアー関連記事はこちら

»バスツアーファンとつくる!「コラボバスツアー」企画への思い

»バスツアーをもっと面白くしたい!ファンが集う「たびらいバスツアー座談会」レポート


▼コラボバスツアー特集はこちら

»たびらいコラボバスツアー特集




バスツアーのプランを見る

他のコラムを読む

コラムは随時更新中!

バスたびメールニュース

たびらいのお得な情報を無料で配信中!
最新のバスツアー情報をお届けします。

メールニュース登録をする

出発エリア一覧

テーマ別プラン一覧