日本各地の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

たびらい

パワースポット・自然香川県

掲載日:2017年10月05日

日本三大渓谷美のひとつ!小豆島・寒霞渓で空中さんぽ

たびらいバスツアー編集部

131kankakei_01.jpg

穏やかな瀬戸内海に位置する小豆島。11月は寒霞渓(かんかけい)の紅葉が見頃に!ロープウェイから眺める紅葉の渓谷、そして海のパノラマは絶景。意外と大きな小豆島、観光スポットをめぐるならバスツアーが便利です!

▼バスツアーのプランを見る

オリーブの島で、瀬戸内海の絶景を楽しむ

オリーブの島で、瀬戸内海の絶景を楽しむ

美しい自然に恵まれた「小豆島」

引き潮になると現れる「エンジェルロード」。大切な人と手をつないで渡ると、願いがかなうとか。小豆島の絶景のひとつ。
▲引き潮になると現れる「エンジェルロード」。大切な人と手をつないで渡ると、願いがかなうとか。小豆島の絶景のひとつ。

小豆島(香川県)は瀬戸内海・播磨灘にあり、橋で結ばれていない島としては瀬戸内海最大。瀬戸内海国立公園の一部で、島まるごとが自然豊かな観光地です。


「二十四の瞳」の著者・壺井栄の出身地であるほか、日本のオリーブ発祥の地としても有名。醤油やそうめんなど美味なる特産品も多数。
近年は、瀬戸内国際芸術祭などが行われていることから、アートめぐりを楽しむ若者も増えています。


日本三大渓谷美「寒霞渓」の紅葉をゴンドラから観賞

日本三大渓谷美のひとつ、寒霞渓。
▲日本三大渓谷美のひとつ、寒霞渓。

寒霞渓(かんかけい)は、小豆島のほぼ中央部、島最高峰の星ヶ城山(ほしがじょうやま、標高816m)と四方指(しほうざし)の間に位置する渓谷です。


渓谷に奇岩が見えるのは、約1300万年前の火山活動によるものだとか。秋は渓谷を染め上げる紅葉と常緑樹の鮮やかなグラデーションが見事です。


標高差があるため、山頂から麓へと紅葉が進んでいきます。
▲標高差があるため、山頂から麓へと紅葉が進んでいきます。

寒霞渓へは寒霞渓ロープウェイで約5分の空中散歩。山頂駅近くには展望台が2ヵ所あり、内海湾、瀬戸内海に浮かぶ島々が見渡せます。


かわらけ投げ(1組200円)もあるので、チャレンジしてみては。本来は幸せ祈願だそうですが、リング状の的に向かって投げればストレス解消にもなりそう!?


紅葉見頃:11月上旬~11月下旬


一緒に立ち寄りたい!道の駅 小豆島オリーブ公園

風車はギリシャ・ミロス島との姉妹島提携記念に建てられたもの。今や小豆島のシンボル的存在です。
▲風車はギリシャ・ミロス島との姉妹島提携記念に建てられたもの。今や小豆島のシンボル的存在です。

内海湾に面した「道の駅 小豆島オリーブ公園」は、童話に出てきそうなメルヘンチックな道の駅。オリーブ畑に囲まれた山の斜面は広大な公園になっていて、ショップやレストラン、温泉施設、オリーブ搾油所、雑貨屋などが点在しています。


「魔法のほうき」を使って撮影している風景
▲「魔法のほうき」を使って撮影している風景

映画実写版「魔女の宅急便」のロケセットもあります。「魔法のほうき」を無料で貸し出しているので、またがって飛び上がる一瞬を撮影してみては。びっくりするカットが撮れますよ!


もちろん、島の特産品も大充実。特に小豆島産オリーブオイル(季節限定)は貴重な逸品です。ちょっと贅沢して自分へのおみやげにもいかが?


小豆島のオリーブ園

小豆島へは関西や高松からフェリーが数多く出ているのですが、島内の移動は、路線バスだけめぐるには時間の調整が少々大変。


船と観光バスを効率良く組み合わせたバスツアーなら、観光や買い物もバッチリ。関西発では日帰りのほか、四国に渡って大歩危や祖谷渓など紅葉スポットをめぐる宿泊ツアーもありますよ。


寒霞渓に行くバスツアーのプランを見る

関東発 紅葉バスツアー特集

他のコラムを読む

コラムは毎週更新!

バスたびメールニュース

たびらいのお得な情報を無料で配信中!
最新のバスツアー情報をお届けします。

メールニュース登録をする

出発エリア一覧

テーマ別プラン一覧